スマホでバイナンス(Binance)の口座開設方法(ユーザー登録・送金・売買)を簡単にわかりやすく説明

2018-01-25

国内で利益を出した人たちが海外に進出してましたが、最近は仮想通貨を始めたら直ぐに海外取引所を開設する人が多いそうです。

そりゃそうだよなと思いました。

(今から国内で10倍や100倍の高騰は厳しい)

世界一の取引高を記録したバイナンスの口座開設方法についてまとめます。

(バイナンスは新規登録を再開してますが、夜間は停止していることが多いそうです)

 

宝くじを買うよりも確率が高そうな海外取引所で仮想通貨(アルトコイン)を買って夢を見ようではないか!笑

(いつも通りスマホからの登録方法を説明しているサイトが少ないのでここでは全てスマホを想定しますが二段階認証だけはPCからしか出来ませんでした

国内の取引所と違ってメールアドレスのみで問題ありません。

(現状、本人確認しなくても売買できますが何れは必須になると思われます)

二段階認証や送金方法など、画像付きで詳しくご説明いたします。

 

バイナンス(Binance)の画面レイアウト

バイナンスの画面レイアウト

登録前にどんな見た目なのか見てみたい人も多いでしょう。

上記のリンクからバイナンスへ移動できます。

※バイナンスは日本語対応してますがPCからアクセスした場合のみです

 

バイナンス(Binance)で口座開設:ユーザー登録

バイナンス(Binance)

上記のリンクからバイナンスへ移動すると以下の画像になります。

上の画像で「Register」をクリックします。

メールアドレスパスワードを入力し、「I agree to Binance…」(規約に同意)にチェックを付けてから「Register」をクリックします。

初めて見た時は何をすればいいか悩みましたがパズルのピースを右の方に移動させることで、Botではなく人間が操作していることを証明します。

バイナンスからメールが届くので確認してください。

バイナンスからメールが届いたら「Verify Email」をクリックします。

上の画像が表示されたらユーザー登録は完了です。

 

バイナンス(Binance)で口座開設:二段階認証

二段階認証は必須ではありませんが必ず設定しましょう。

スマホだけで全てを行いたかったのですがここだけは難しいようです。

二段階認証はPCからしか出来ません。

Top画面から右上のメニューを表示後、「Account」をクリックし、「Google Authenticator」をクリックすると上の画像になります。

PCからバイナンスへ接続すると上の画像になりますので「Google検証」をクリックします。

既に「Google Authenticator」をスマホに入っている場合は「Next Step」をクリックします。

もう既に国内の取引所で口座開設している人には不要かもしれませんが、スマホでしか登録していない場合は初めてQRコードで登録すると思います。

上の画像の右上にある「+」をクリックします。

上の画像の「バーコードをスキャン」をクリックします。

上の画像のQRコードをスマホから読み込みます。

上の画像の左側に表示された文字をメモに残すか写真で撮ってください。

次の画面で使用します。

「Key」にはメモした文字を、「2FA Code」にはQRコードで生成されたワンタイムパスワードを入力し、「Google検証を可能にします」をクリックしてください。

これで二段階認証は完了しました。

 

バイナンス(Binance)で仮想通貨を買う方法

いざ、仮想通貨(アルトコイン)を買おうとしても日本円は入金できません。

国内の取引所でビットコインイーサリアムライトコインリップルを購入し、それをバイナンスに送金する必要があります。

バイナンス独自の仮想通貨であるBNBにすると手数料が大幅に安くなります。

ですがBNBで全ての仮想通貨を買えるわけではないので、欲しい通貨がBNBで取引がある場合だけ買うようにしましょう。

 

国内の取引所を開設しておこう

僕のオススメはコインチェックです。

盗難補償も手厚いですし使いやすいです。

■下の記事からスマホでコインチェックの口座を開設する方法についてまとめてます。

 

送金するならリップルがオススメ

ビットコインだと手数料が高くて遅いです。

イーサリアムも遅いです。

ライトコインが早いですが、リップルも早いです。

先日紹介したコインエクスチェンジの方ではリップルを取り扱っていなかったのでライトコインをオススメしましたが、この記事ではリップルは通常の送金方法とは違うのでリップルの送金方法について下で解説します。

持っていない人はライトコインがオススメです。

 

コインチェックから仮想通貨を送金

仮想通貨を送金するにはまず、受け取り側でアドレスを発行する必要があります。

 

バイナンスで入金用アドレスを発行

上の画像の右上メニューから「Deposits And Withdrawals」をクリックします。

上の画像で「Deposit」をクリックします。

上の画像で「Choose Coin」「XRP」を選択します。

上の画像で確認メッセージが表示されます。これはリップルの場合は「宛先タグ」と呼ばれるものを設定する必要がありますよ~と言っています。

上の「入金用アドレス」「宛先タグ」の2つが送金するのに必要なものです。

他のコインならほとんどが「入金用アドレス」のみになります。

スマホでやるのでQRコードは読めません。

上にある文字を必ずコピーし、コインチェック側でペースト(貼り付け)してください。

※上の画像の文字は入力しないでください。僕に送金されてしまいます。

 

コインチェックから送金

コインチェックのアプリから説明いたします。

(当方iPhoneです)

アプリの左上のメニューをクリックし、「送金」をクリックします。

上の画像の右下にある「BTC以外の送金はこちら」をクリックします。

「Rippleを送る」をクリックします。

下にスクロールすると上の画像になりますので「送金リストの編集」をクリックします。

上の画像が表示されるので「新規ラベル」は何でもいいですが、「新規宛先」先ほどコピーしたアドレスをペーストし、「追加」をクリックしてください。

上の画像の「宛先」プルダウンに先ほど追加した宛先が表示されるので選択してください。

「XRP宛先タグを使用する」のチェックを付け、「宛先タグ」に先ほどコピーした宛先タグをペーストしてください。

「金額」には枚数を入力し「送金する」をクリックすれば完了です。

これで最近噂の送金詰まりがなければ、20分ほどで届きます。

届くと自動的に所持コインに追加されますので、バイナンスの「Deposits And Withdrawals」から確認しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか? リップルで送金する時に宛先タグが必要と知らなかったので最初は戸惑いましたが一度やれば簡単でした。

前回のコインエクスチェンジよりは草コインを買うまでのステップは少ないですね。

どちらも草コインの種類が違うので登録すべきですが、特に最近の草コインは「バイナンスに上場」というのが大きなポイントになりつつあるそうです。

そうなってくるとバイナンスに上がる予定の草コインを別の取引所で買いつつ、既にある上場して高騰しているコインをバイナンス独自の通貨であるBNBで買うとお得だと思います。

どんどん海外で草コインを買ってると夢が広がりますね~笑

宝くじより確率は絶対に高いと思います!

 

バイナンスの口座開設は下のリンクから進めます↓

バイナンス(Binance)

■他の海外取引所の口座は開設済みですか?

"IN4U" が気に入ったら
"いいね !" しよう