スマホでヨービット(Yobit.net)の口座開設方法(ユーザー登録・送金・売買)を簡単にわかりやすく説明

2018-04-26

イーサリアムゼロ(ETZ)が配布されたことで一躍有名になった取引所のように思えるかもしれませんが、けっこう前から別の意味で有名な取引所でした。

現在は停止中ですが毎日いろんな仮想通貨(草コイン)が無料で数枚もらえてました。

そして所持している仮想通貨をBetしてDICEゲームで倍にすることも可能な特殊な取引所です。

 

相変わらず国内は下げトレンドで海外は一部盛り上がっていますね。

今では色んな海外取引所の仮想通貨(草コイン)たちがどんどん急成長していってます。

今から草コインで何十倍も狙うとなると、メジャーな海外取引所で仮想通貨を買うのではなく、もっとマイナーな取引所で草コインを買うほうが夢は見れると思います。

(いつも通りスマホからの登録方法を説明しているサイトが少ないのでここでは全てスマホを想定します)

国内の取引所と違ってメールアドレスのみで問題ありません。

二段階認証や送金方法など、画像付きで詳しくご説明いたします。

 




ヨービット(Yobit.net)のチャート

Yobit.netのチャート

登録前にどんな見た目なのか見てみたい人も多いでしょう。

上記のリンクからヨービット(Yobit.net)のチャートへ移動できます。

 

ヨービット(Yobit.net)で口座開設:ユーザー登録

Yobit.net公式へ

上記のリンクからヨービット(Yobit.net)へ移動すると以下の画像になります。

上の画像で「Registration」をクリックします。

ニックネームメールアドレスパスワードを入力し、「I agree to Rules of Yobit.net」(規約に同意)にチェックを付け、更に「I’m not a robot」にチェックを付けてから「Register」をクリックします。

上の画像になるのでメールを確認します。

ヨービット(Yobit.net)からメールが届いたらリンクをクリックしてヨービット(Yobit.net)へ再度進めば登録は完了します。

上の画像になると登録は完了し、次に二段階認証をするよう促されます。

そのまま上の画像の「switch on」をクリックします。

 

 

ヨービット(Yobit.net)で口座開設:二段階認証

もう既に国内の取引所で口座開設している人には不要かもしれませんが、

PCから操作している場合はスマホの二段階認証用のアプリでQRコードを読めば直ぐにキーが生成されますが、スマホで登録作業をしている場合はQRコードを読み込めません。

なので上の画像にある16桁のキーをコピーし、GoogleアプリのAuthenticatorに手動で設定する必要があります。

上の画像の右上にある「+」をクリックします。

上の画像の「手動で入力」をクリックします。

上の画像の「アカウント」メールアドレス「キー」に先ほどの16桁のキーを入力し、右上のチェックをクリックします。

これで二段階認証は完了しました。

 

ヨービット(Yobit.net)で仮想通貨を買う方法

いざ、仮想通貨(アルトコイン)を買おうとしても日本円は入金できません。

国内の取引所でビットコインイーサリアムライトコインを購入し、それをコインエクスチェンジに送金する必要があります。

その後、草コインを買うには更に一手間が必要です。

単位の問題からDOGE(ドージ)コインを購入し、それで初めて草コインを買うことが出来るようになります。

基本的には以下の流れです。

 

国内取引所から送金 → ヨービット(Yobit.net)に届く → DOGEに替える → DOGEで草コインを購入

 

国内の取引所を開設しておこう

僕のオススメはビットフライヤーです。

大きなトラブルも起きてないですし使いやすいです。

■下の記事からスマホでビットフライヤーの口座を開設する方法についてまとめてます。

 

送金するならライトコインがオススメ

ビットコインだと手数料が高くて遅いです。

イーサリアムも遅いです。

ライトコインが早いうえに手数料も安いのでライトコインで送金しましょう。

取引所の送金手数料は基本的に金額ではなく枚数で計算されます。

だいたいの手数料が0.01枚です。

 

コインチェックから仮想通貨を送金

現在、コインチェックはオススメできません。

ビットフライヤーをオススメしてますが、以下はコインチェックの送金方法ですのでご注意ください。

仮想通貨を送金するにはまず、受け取り側でアドレスを発行する必要があります。

 

ヨービット(Yobit.net)で入金用アドレスを発行

トップ画面から「Wallets」を選び、虫眼鏡の検索テキストに「LTC」と入力しましょう。

ネットから操作していると動作が遅いので可能であればLINEか何かで「LTC」と入力したものをコピーペーストしてください。効率がいいです。

LTCが表示されたら行の右側にある「Deposit」をクリックします。

上の画像が発行された入金用アドレスになります。

スマホでやるのでQRコードは読めません。

これのQRコードの上にある文字を必ずコピーし、コインチェック側でペースト(貼り付け)してください。

※上の画像のQRコードは読み取らないでください。僕に送金されてしまいます。

 

コインチェックから送金

コインチェックのアプリから説明いたします。

(当方iPhoneです)

アプリの左上のメニューをクリックし、「送金」をクリックします。

上の画像の右下にある「BTC以外の送金はこちら」をクリックします。

「Litecoinを送る」をクリックします。

下にスクロールすると上の画像になりますので「送金リストの編集」をクリックします。

上の画像が表示されるので「新規ラベル」は何でもいいですが、「新規宛先」先ほどコピーしたアドレスをペーストし、「追加」をクリックしてください。

上の画像の「宛先」プルダウンに先ほど追加した宛先が表示されるので選択してください。

「金額」には枚数を入力し「送金する」をクリックすれば完了です。

これで最近噂の送金詰まりがなければ、20分ほどで届きます。

届くと自動的に所持コインに追加されますので、ヨービット(Yobit.net)の「Wallets」から確認しましょう。

 

LTCからDOGEに替える

ライトコインがヨービット(Yobit.net)に届いたら早速買うためにDOGEに替えましょう。

一番上にある「Market」をクリックすると上の画像になりますので、虫眼鏡の検索テキストに「LTC」と入力しましょう。

ネットから操作していると動作が遅いので可能であればLINEか何かで「LTC」と入力したものをコピーペーストしてください。効率がいいです。

「LTC/DOGE」をクリックします。

上の画像になります。ここではLTCをDOGEに替えます。

Amount

購入する仮想通貨の枚数

Price

自分が購入する仮想通貨の1枚単位の金額

Total

枚数 × 1枚単位の金額

Fee

手数料

Total-Fee

合計金額

それぞれ記入する必要がありますが、もう少し下へスクロールすると上の画像の下の部分にORDERがあります。

これは直近の買い注文の履歴です。

これを参考に入力しましょう。

(ちなみにPCだとこの上の画像の行をクリックするとPriceに自動的に反映されます)

 

気づいたかもしれませんが、ユーザー間での板形式の売買になりますので、リアルタイムの相場よりも高い値段にすると売買できません。

自分が納得する金額で売買しましょう。

 

倍を狙えるDICE

あまり無茶はしないほうが身のためですが、とても面白いゲームがヨービット(Yobit.net)にはあります。

HighかLow(48以下か52以上なので厳密には違います)を選ぶのですが、僕は最高で4連勝しました。

その後に負けてしまいましたが。。。

 

まとめ

メジャーな海外取引所からマイナーなところまでたくさんありますが、このヨービット(Yobit.net)はマイナーな方だと思います。

なのでここの仮想通貨(草コイン)がバイナンスへ上場したらフィーバーするでしょう。

最近話題のPACが買える取引所でもありますね。

草コインが流行っている現状で更なる高みを掴むためにも、このヨービット(Yobit.net)は抑えておきたい海外取引所の一つだと思います。

 

ヨービット(Yobit.net)の口座開設は下のリンクから進めます↓

Yobit.net公式へ

 

 

■他の海外取引所の口座は開設済みですか?

"IN4U" の記事が気に入ったら
"いいね !" しよう