AmazonBusinessが凄い! これは便利! 承認ルールもある!

2018-04-24

社内SEのお仕事で展示会へ行って来たら凄い人だかりが!

何かと思ったらなんと Amazon?! こういうのがあるなんて知らなかった!

ついに個人だけには留まらず法人までをも取り込もうだなんて笑

 




AmazonBusinessって何?

Amazonの法人向けサイトがあって、そこでAmazonと同じ価格か、もしくは法人割引が適用されたものを購入できます。

 

社員が経費を立て替える必要がない

何より凄いのは支払いを会社用のクレジットカード払いか、請求書を発行てきるので纏めて一括で銀行振込できます。

 

これの何がいいか

まず、うちのような中小企業だと以下のフローで運用されています。

個人で立て替え → 経理に申請 → 個人に手払いか銀行振込で返す

この必要がなくなります! 以下になるので作業量が大幅に減りますよね。

個人でAmazonBusinessで申請 → 上司が承認 → 会社が一括で銀行振込かクレジットカード払い

うちでは新たに出張費用(交通費とホテル代)と購買経費の手間を削減するために精算用システムを導入しました。

が、デメリットとして銀行振込に手数料がかかります。

なので手数料がかからないようにするために銀行口座を新たに作らないといけません。

しかも引き出す側(社員)はメインで使ってる口座じゃないので手数料がかかります。。

(これのせいで会社的にはまだ手渡しです)

あくまで購買経費の部分のみなので出張費用には使えませんが、メリットが大いにあると思います。

 

承認ルールの設定

何でもかんでも勝手に買われると困りますよね笑

そうならないためにルールを決めれます。

社員が上司に買っていいのかを聞く → OK → 購入

これは最低限できないと問題です。

 

設定限度額の設定

少額だったら個人の判断で買うこともできます。

10,000円を限度額にしていたらこれを超える商品でなければ承認可否は不要です。

 

まとめ

アスクルやビズネットなど、法人向けに様々な購買システムがありますがどれも便利な反面で値段など大きなデメリットがありました。

よく、「Amazonだったらもっと安いのに。。」という声を聞いていた身としてはこれは衝撃でしたね!

手間も減り、経費も安くなる。これは恐ろしいことですね。

しかも 無料 です。

 

外資系の勢いが凄い

AmazonはAWSなども始めて凄いなぁと思っていたら、こんなことも始めたんですね笑

外資企業に円を持ってかれてしまうのが寂しいかぎりですが、これが弱肉強食ですね。。

個人的にはずっと前から日本製より良いものを作ってるんだから(賛否両論。。)iPhoneやFaceBook、TwitterにAmazonが流行るのは当たり前と思っていました。

でもなんだか30歳を超えてから、外資にもってかれるのは何だか寂しいですね。日本ももっと張り合えると思うんですよ。

 

日本の体制に問題?

日本はダイバーシティ(多様性)に欠けているのか、なかなか新しい芽を育てる体質ではないですからねぇ。

後ろ向きというかもっとチャレンジできる環境つくりを国がかりでしていかないと今の子供たちが

成人を迎えた時に「親の世代は負の遺産ばかり残しやがって」なんて言われないためにも

もっとガンガン新しいことにチャレンジできる環境を経営層から変わっていかなければならないかもしれません。

 

Amazonに負けない

僕らの上の世代のやり方を嘆いていても仕方がありません。

いろいろ大変な時代でもあったことは間違いありません。

その頃よりは今の方が豊かになり、色んなことにチャレンジしてる人もいます!

誰かのせいにして嘆く前に外資系を見習うというわけではありませんが、自分で考え、自分でチャレンジしながら、自分なりにAmazonに負けないようにしたいです笑

(なぜか偉そう笑)

"IN4U" の記事が気に入ったら
"いいね !" しよう

2018-04-24IT・LifehackAmazon

Posted by akikubo