全ての転職者へ

【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップ

MIIDASで見出す

自分の詳しい市場価値や、他人の転職する前の年収と、実際に転職した後の年収を知るために登録してみました!

知りたいけどわからなかった情報を知れる”ミイダス”は面白いですね。

前回書いた”ミイダス”の使い方の続きになります。

 

ここでは前回書いた「登録不要で利用できるサービス」ではなく、「無料登録すると利用出来るサービス」についてまとめます。

この記事を読んであなたも、”ミイダス”で市場価値を詳しく知りましょう~

 

”ミイダス”で自分の年収を知ろう!

 

社内SE転職エージェントインタビュー【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

年収データ

さっそく確認してきます。

もしかしたら以下の情報はブログで公開しちゃいけないのかもしれません。

登録しないと見れないページなので。

一応ここでは人が少ないであろう「社内情報システム」を参考に画像をアップします。

※問題がある場合は公開を止めますので問い合わせいただければと思います

 

前回の最後に話した「転職データをみる」をクリックしましょう。

MIIDASサイドメニューを表示するMIIDASサイドメニュー2

そうすると下の画面になります。

MIIDASの年収データを見る

僕は社内SEなので「社内情報システム」を選択してみます。

MIIDASの社内SEの平均年収

おぉ!平均年収高い!僕の年収よりも。。。

MIIDASの社内SEの年収の割合

割合を見ると1000万以上という強者がいますね。

400万以上が一般的でしょうから想定内でしたが、600万以上がけっこう多くて驚きです。

MIIDASの社内SEの年齢の割合

年齢的には時代の傾向なのか若い世代が増えてってますね。

経営にIT系の人間が必要なことに気付いてる人は多いです。

あなたの会社の経営層がIT目線で検証せずに、精神論を掲げてきたならば、直ぐに転職しましょう!(時代遅れの会社です)

MIIDASの社内SEの業種の割合

「IT/通信」がこんなに多いんですね!予想外でした!

自分の想像と全然違います。

年収のときも思いましたが、実際に市場の情報を知れるのは面白いですね。

MIIDASの社内SEの居住地の割合

ここは予想通りですね!関東が多いと思ってました。

MIIDASの社内SEの企業規模の割合

100人未満が多いところを見ると、やはり中小企業でもIT系に人材を投入してる企業が多いんですね!

他にも性別、学歴、などがありました。

次に年代別の平均年収推移があったので見てみます!

MIIDASの社内SEの年代別推移

スマホだと肝心の年代の文字が重なってて見えにくいですね。

ブログ書いてて気付きましたが、横向きにすれば見れます!

平均年収が高すぎてちょっと悲しいですが、上には上がいるということで転職がんばりましょう。

 

”ミイダス”で転職前と後の実績を知ろう!

 

転職前のデータ

次に転職する前のデータの実績を見ていきましょう。

MIIDASの社内SEの転職前のデータ

職種は「社内情報システム」を選択します。

他にも業種、年収、居住地、企業規模を設定できます。

MIIDASの社内SEの転職前の年収データ

画像は年収だけピックアップしましたが、他にも「年収データをみる」の時と同じようにたくさんあって、目を引いたポイントは「職種」です!

僕の選択した設定だと、「社内情報システム」に転職する前の人の職種が見れます!

やはりSE・PGが50%以上でした。

これって僕のようなSEに限らず、どの職種、どの業界の人でも見たら参考になると思いますので必ず見てみてください!

 

ちなみに今やってみました。

営業のメディカル系という、僕はまったくわからない職種ですが、試してみると意外にもIT系の人が7%もいます。

これ色んな業界のを見るのがおもしろくなってきますね。

とても参考になりますよ!

未経験の業界に転職する人いますよね?

(僕は営業からSEへ転職した過去あり)

そういう目線でもとても”ミイダス”は参考になりますね!

 

転職後のデータ

転職した後のデータの実績を見ていきましょう。

MIIDASの社内SEの転職後のデータ

職種は「社内情報システム」を選択します。

他にも業種、年収、居住地、企業規模、性別、学歴、年齢を設定できます。

MIIDASの社内SEの転職後の年収データ

先ほどの転職前の母フォート比べると、400~599が減り、600~799が増えてますね。

そしてなぜか1000が消えました。

ハードすぎて年収が減らしてでも転職したのでしょうか。

先ほども話した職種が面白いですね!

クリックすると実際にどの職業に転職したか細かく見れますので活用できそう!

業種もメーカーでも、どういうメーカーかわかるし、それらで職種はどれか?

みたいな。

たとえば自分が家電メーカーの社内SEで、転職先は食品メーカーやハードウェアメーカーのSEや社内SEの人が何%いるのか、など。

 

転職キャリアアップを見出す

転職してキャリアアップを考える時の指標、として使えることがわかりますね。

実際に自分と同じ業界で職種も同じ、地域や年齢に年収も同じような人の転職した実績が知れるのはとても大きいです。

こういったサービスは他にあるでしょうか?

無料会員登録すると、ここまで知れるのは便利ですし、なんだか心強いと思います。

自分の考えてるキャリアプランが、成功するのか、実際にその方向に向かった人はいるのか?

そういった疑問点に解決していけるサービスが、”ミイダス”の特徴と言えるのかもしれません。

 

 

”ミイダス”で転職前と後の実績を知ろう!

 

”ミイダス”登録後のまとめ

自分の市場価値や他人の市場価値を調べたら、「希望条件を追加・変更する」「検討可能最低年収」を設定しておきましょう。

僕もこれで年収アップのオファーを待ってみようかな。

他人の成功事例が参考になるので、そこを目指してオファーを待ちつつ、非公開求人を探すために他の転職サイトも使う、これが正しい転職の仕方だと思います!

情報の入り口は複数持つべきです。

 

あと面白かったのが、企業に検索された回数を見れるところ!

仕事帰りに開いてたら895回も検索されてました!

嬉しい!

 

最初の記事でも話しましたが、なにより転職するときに、内定をもらうときの年収を自分の感覚だけで判断しなくてよくなるのが素晴らしいです。

事前に市場価値がわかってると何だか安心しますね。

市場価値って大事です!

自分と同じスキル、年齢、地域、業界で年収いくらなのか?

転職前の年収から転職した後どうなったのか?

これを知れるのが他にはない独自のサービスですね!

 

”ミイダス”で転職前と後の実績を知ろう!

 

 

オススメ転職サイト

当ブログ厳選の転職エージェントをご紹介します。比較記事もありますので参考になれば嬉しいです。

3つとも登録しましょう。理由→社内SE転職成功の鍵は”複数の転職サイトへ登録”ポイント4つを厳選を参照

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトですが取扱い求人は関東が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーに合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューしました

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~レバテックキャリア~


年間累計3000回以上、企業に足を運ぶのは凄いです。依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいので社内SEという競争率が激しい業界で、書類選考率内定率が高いんですね。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は絶賛されています。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけです。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

 

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ