社内SEとは?

社内SEとは?

こんにちは〜

IN4Uにアクセスいただきありがとうございます、運営者のアキクボです^^

 

当ブログは、SEから社内SEに転職した僕が、社内SEに関する様々な出来事を書いていたら、

いつのまにか「社内SEに転職するノウハウや、社内SEのリアル」がたくさんあるブログになりました。

 

とても好評で、ブログランキングのシステムエンジニア部門で1位を獲得しています。

(詳細はプロフィール参照)

 

社内SE人気記事一覧

当ブログで人気の記事を一覧にするとこうなります。

あなたの今の状況に合わせて読んでもらえれば、きっとあなたの役に立つリアルな情報があると思います^^/

~社内SEのリアルな情報~

SEから社内SEに転職した僕の体験談を全て話します【7つの事実】

社内SEのスキルとは?求められるスキルは?気付き難いが大切なことはアレだった

社内SEのやりがいとは?SEに伝えたいポイント4つ【ITを楽しもう】

社内SEは楽すぎる?【1日のリアルなスケジュール全8つ公開】

社内SEの役割とは?会社と社員側で求められる仕事内容は全然違う!?

社内SEの仕事は多岐に渡る?社内SEに転職する前に仕事の種類を知っておこう

 

~社内SE転職ノウハウ~

【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

【社内SE転職サイト】エージェントに聞いてわかった11のホント

社内SE転職サイト比較!社内SEの求人はたくさんある!オススメなのは非公開求人!

社内SEに転職する方法を確認しよう!転職エージェントがほぼ全てをコーディネートしてくれる!

社内SEの志望動機はこうあるべき!企業が喜ぶことは?一番重要なのは誠意ある態度

社内SEの転職先は面接で見極める!失敗しないための5つのポイント

 

~SEの働き方問題~

システムエンジニアが残業代でない理由を真剣に考えたら納得した【サービス残業】

【SEの働き方】本当に転職するか悩む人へ。人生に必要なのは”考える時間”だった。僕の話。

繰り返すSEの転職。次で最後にしよう。

 

すべての記事を一覧化したものは、こちらのサイトマップになります。

ヘッダーやフッターにもメニューがありますので、見てみてください^^

 

社内SEとは?ITで世の中を便利にできる仕事だと思います

僕のプロフィールにも書いていますが、僕は毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SEです。

SEの頃は働き方や、やりがいなど、色々と悩んできましたが、僕は社内SEに転職して全て解決しました。

 

人によっては社内SEに転職すれば解決するわけではありませんが、

自分のやりたいことは何かを考えることができたので、僕は社内SEに転職することは、素晴らしいことだと思います!

 

初めてSEとして働き始めた頃のように、

「ITで世の中を便利にしたい」

再びこの志を目指すことができているのは嬉しいです。

(詳しくは社内SEのやりがいとは?

 

これを目指すには、環境が大切だと思います。

 

僕はいわゆるブラック企業からホワイト企業に転職しました。

どうすればいいかわからない人は多いでしょう。

僕は社内SEに転職する時に、最新の注意を払い、求人を調べつくしました!

その結果、転職に関するノウハウがあるわけです。

そのうちの1つが複数の転職サイトを利用することです。なぜなら良い求人ほど1社にしか依頼してないケースがほとんどです。

(詳しくはSE流の良い求人の探し方

 

情報はすべて公開していますし、今後は社内SE転職後の仕事のノウハウもどんどん公開していきます。

 

ITを楽しめるか、が鍵だと思います

僕はITにそこまで興味があったわけではありませんが、やはり一般職の人と比べるとITに詳しいですし、ITを使いこなせている方だと思います。

ITって結局は興味があるかないか、だと思うので最新のApple製品だったり、PCだったり、ツールだったり、、、と色々と時代は流れていくので、それらを楽しめるかどうかだと思います。

 

僕はけっこう楽しめているので、あなたもITに興味がある人間であれば、コチラ側にきてもいいのではないでしょうか?

(徹底的に比較してます社内SE転職サイト比較

 

今ではもうプログラミングをしていませんが、作ろうと思えば作れる環境なので、何かのタイミングでまた社内ツールを作りたいな〜と思う今日この頃です。

 

社内SEが創り出す未来

日々の空いた時間でビジネスの勉強をすればするほど、IT業界の先行きが暗いことがわかりました(^^;)

だったら別の業界でITを駆使して、世の中を良くしていこうぜ!っていうのが、

僕があなたに伝えたい、

 

『今すぐ社内SEに転職すべき理由』

 

です。

 

本当にIT業界以外の業界では、ITに詳しい人が少なくて困ってます。

 

たとえば、ITを駆使して製品を作るのに、必要な環境を構築・保守できるのは誰ですか?

  • 一般職の方でできますか? → できないのでSE経験がある「あなた」がしましょう。
  • 外注すればいいのでは? → 必要経費が高い上にリアルタイムで対応してもらえませんので「あなた」がしましょう。

 

たとえば、数千万円・億をかけた基幹システムの保守ができるのは誰ですか?

  • 一般職の方でできますか? → できないのでSE経験がある「あなた」がしましょう。
  • 外注すればいいのでは? → 必要経費が高い上にリアルタイムで対応してもらえませんので「あなた」がしましょう。

 

ITの悩みはこれからも尽きない

今の事業をシステム化するにはどうしたらいいのかわからない、そもそも相談できる人すらいない。 → こういった悩みがあるのは事実です。

いま急速で進められている部分でもありますが、ひたすら人の代わりにコンピューターに業務をしてもらう部分を増やしてますよね。

現場レベルで考えてみると、単純作業をプログラムを組んで対応したりです。

 

きっと経営層の方はこういった部分を着手したくても時間が足りず、莫大な資本がある会社から順に対応していってるのではないでしょうか。

世の中の99.7%は中小企業です

そのため社内SEはまだまだ足りません。

なので「あなた」の力が必要です!

 

その際のポイントが業務の効率化で、これを実現するにはコツが必要です。

これができない人は、

「忙しくてできない」

と言います。

 

よくある社内SE転職の失敗として、現場の雑務で忙しいと言う人がいますが、これは業務を効率化できていないからです。

徹底的に業務を効率化するためには、まずは自分で実際に経験したのち、それをマニュアル化・システム化して自分以外に委任しましょう。

(PCにやらせるか派遣社員か現場の人で対応できるようにする)

 

経営戦略を支える

業務をそれぞれ効率化していく。これら1つひとつを組み合わせていくと巨大な仕組みになり、それらの考えの源にあるのが、経営層が考える戦略になります。

  • この戦略を支えるのは誰ですか? → 繰り返しになりますが、SE経験がある「あなた」がしましょう。
  • 外注すればいいのでは? → 一部のみ外注化し、それら以外は「あなた」や「みんな」でしましょう。

 

会社の戦略をITで駆使する、、、これらを繰り返した先にあるものが、

 

「ITで世の中を便利にする」

 

ということだと僕は思います〜

 

 

それでは次に、社内SEに関する転職まとめとして、以下の内容をまとめました。

  1. 社内SEの口コミ・評判
  2. 社内SEの転職で採用されるためのノウハウ
  3. ブラック企業を見抜いて良い求人を見つける方法

 

社内SE転職【まとめ】

きっとこの情報はあなたの役に立つはずです^^