SEの未来

客先常駐SEは評価されにくい?1人でも評価を反映されるには?

客先常駐SEで評価されるには

客先常駐SEとして長年働いてました。

1人で現場に常駐しているシステムエンジニアの方も多いのではないでしょうか?

なかなか会社の上司と会うことがないですよね?

そんな中でどうやって上司に評価してもらえばいいのか、、、。

ポイント
  • 客先常駐SEと評価の関係
  • 客先常駐SEこそ評価されやすい環境を作る
  • いきなり評価を反映してもらうのは難しい
  • SEにも種類がある

 

アキクボ
アキクボ

今回、客先常駐SEが会社に評価される方法を考えたいと思います。

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

客先常駐SEと評価の関係

仕事の評価は一般的には、自らアピールするか、実際に上司や他社員の目の前で頑張っている姿を見てもらうことで評価に繋がります。

しかし、客先常駐SEの場合はそうとも言えません。

 

会社の評価制度

実際に会社の評価制度を確認しましょう。

なければ問題ですし、あなたのモチベーションに影響する大きな部分です。

一般的な会社とは違い自ら評価者へアピールする力が必要、と今の時代言われ始めてますね。

確かにアピールが出来ないと頑張ってるのか、それとも適当に仕事してるのか、会社に貢献してるのか、が会社の立場からしたら見えにくいです。

そんな時は、クライアントから評価を言ってもらうと即効性・信ぴょう性があります!

 

クライアントからの反応

自社の営業と客先の担当は定期的に会うでしょうから、その際にクライアントの方から自社へ評価を伝えてくれることもあります。

これは自らアピールする場合と違って、信憑性が増しますのでクライアントの求めてる部分にフォーカスして仕事をしましょう。

わからない場合は、クライアントが喜びそうなことをするのがポイントです^ ^

これには現場での環境作りがとても大切。これを積み重ねていくことで素晴らしい未来を創っていけます!(←ちょっとカッコつけすぎました。笑)

 

客先常駐SEこそ評価されやすい環境を作る

システムエンジニアならば不具合なくプログラミングできれば良い?と思うこともあるかもしれませんが、実際には仕様変更の方が多いはずです。

仕様変更が不具合に変わりますもんね(^^;)

そのため、不具合のせいで残業が多くなり進捗が遅れている?と思われるのは避けなければなりません。

 

数値化する

不具合件数を報告してアピールするなら、仕様変更の件数も必要です。

残業時間もわかりやすい数値化のポイントでしょう。

特に数値化できるところがない!と思う方もいるでしょうが、そんなことはないはず。

上司の立場(評価者)に立って考えてみると、違った視点になるのでオススメです。

 

追加受注

一番わかりやすいのは、追加に人員を追加してもらったり、請負案件を自社に持ち帰ることです。

これがあると売上になるので、会社にとっても評価がしやすくなります。

そんな簡単に受注をもらえるわけではないんですけどね(^^;)

この時、何でもかんでも自分で対応するのではなく、「これはさすがに僕では対応しきれないので、工数を見積もりますね~」と言って、ワンクッション挟むクセをつけておきましょう。

いきなり、「ここからは別料金です(キリッ)」とか言ってもクライアントは温度差がありすぎて驚いてしまい、とてもじゃないですが受け入れられません(^^;)

 

いきなり評価を反映してもらうのは難しい

僕自身7年ほど客先常駐SEをしてきましたので色々ありました。

しかし、この記事の評価される方法を積み重ねた結果、追加受注やプロジェクト終了後に再度、僕だけ呼ばれたりと、評価された経験があります!

しかし、キチンと報酬として年収に反映されるかは会社の経済状況次第なので、会社に期待し過ぎないほうがいいでしょう。

(↑コレほんと実体験です。涙)

 

ベンチャー企業は避けるべき

客先常駐SEは評価がされにくい仕事です。

評価者と一緒に仕事をすることができればいいですが、一緒にできたとしても会社の経済状況次第。

なのでせめてできる限り、大きな規模の会社で働きましょう。

そして何より会社の口コミ(内部情報)は絶対に調べてください!

調べずに転職して泣きを見てきた人をたくさん知ってますし、何より僕の過去の実体験でもあります(T_T)

 

下請けだと問題解決にならない

下請けの客先常駐SEだと将来的に厳しいですね。

5年後や結婚生活を考えてみて欲しいのですが、実際に今と同じ生活をしていけるのでしょうか(–;)

基本的には下請けのシステム開発会社ばかりが求人を出してますので、避けなくてはなりません。

どれだけ頑張っても限界があります。

悲しいことにこればかりは下請けの構造上は仕方がないのかもしれません。

 

出来る限り元請けになる

客先常駐SEならせめてクライアントから直接受注をもらいましょう。

そうしなければ評価を反映するためのお金が会社にありません。

ここを楽観視する人が本当に多いのですが、頑張っても評価を反映するお金がない会社というのは問題外です。

そういう会社は社長と事務の2人で事業を進めてくださいσ(^_^;)

 

SEにも種類がある

SE種類

IT業界はとても広いので客先常駐SEではなく、自社製品の開発をするSEもいます。

こちらは社内SEと呼ばれるのですが、社内SEは2種類あって、僕のような会社の情報システム部門ではないのでご注意を。

自社製品開発のSEについては以下の記事で詳しく書きました。

流行りのWebエンジニアだって自社製品開発SEというくくりになります。

僕が未経験でIT業界に転職した時に、SIerではなくWebエンジニアの道を選んでたら、、、今頃どうなってたんだろう?

 

今からでも遅くはないですが、僕は社内SEをしながらWeb系の勉強してます^^

これはこれで楽しいです^^/

 

まとめ

客先常駐SEは評価がされにくいことがわかったと思います。

そして評価を反映できない会社の場合の解決方法も見えてきたでしょう。

個人的にはIT業界のベンチャー企業はかなり厳しいですよ。実際に僕もベンチャー企業にいましたが、ボーナスがだせない状況になった経験が(^^;)

 

ちなみに僕は毎月、帰社日の時に報告してましたが、けっこう現場で僕はお客さん(社内SE)に人気でした笑(←自分で言ってる笑)

 

 

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
▼あなたも僕も同じかも?▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますが、色んなことがありました。
あなたもきっと、様々な想いからこのブログを読んでるのでしょう。

僕はずっと両親と義両親から転職を勧められてました。
(妻には結婚前からですね)

『こんなに頑張ってるのに、何でそんなこと言うんだ?』
『自分で決めた道なんだから、放っておいてほしい』、と思ってました。

しかし、正しい方向に頑張らないとダメだということに気付いたんです。
その話を踏まえた、僕の転職体験談はコチラ

あなたが今の仕事に満足していないなら、今すぐに行動しないと、今のままキャリアも人生も固定されてしまいますよ。そうなると、自分も家族も幸せにはなれません。

オススメ転職サイト

ITに特化した転職エージェントをご紹介。
特化すべき理由は、”採用への前向きさ”がわかるためです。
ここで紹介する3社は僕も実際に会いました。

良い求人ほど1社にしか載せない!この問題は複数の転職サイトを利用すれば解決できます。ブラック企業を避ける方法【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイト比較の記事へ

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は話題に。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけで、登録時は簡単に入力し残りはエージェントに相談しましょう。30代の方も多いので、我が社で採用するときはマイナビさんにお願いしてます。

評判を見る 公式HP

 

~レバテックキャリア~


今後もSEとして生きていくなら必ず登録。実際に採用側としても利用しましたが、あなたの将来設計を本気で考えてくれるエージェントに感動したとともに、『内定率が高い理由』がよくわかりました! 現在IT系の転職サイトとして大人気で伸び続けています。Web系の情報を全国的に網羅していてとても話が盛り上がりました^^

評判を見る 公式HP

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化した転職サイトで、求人は関東と関西が多いので、他の地域の人は注意。最初に紹介したマイナビとレバテックキャリアの2つを登録した上で、余裕があるなら3つ目として是非とも利用しましょう。

評判を見る 公式HP

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください