SEの未来

客先常駐SEは評価されにくい?1人でも評価を反映されるには?

客先常駐SEで評価されるには

客先常駐SEとして長年働いてました。

1人で現場に常駐しているシステムエンジニアの方も多いのではないでしょうか?

なかなか会社の上司と会うことがないですよね?

 

今回、客先常駐SEは、会社に評価されにくいのか考えたいと思います。

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

客先常駐SEと評価の関係

仕事の評価は一般的には、自らアピールするか、実際に上司や他社員の目の前で頑張っている姿を見てもらうことで評価に繋がります。

しかし、客先常駐SEの場合はそうとも言えません。

 

会社の評価制度

実際に会社の評価制度を確認しましょう。

なければ問題ですし、あなたのモチベーションに影響する大きな部分です。

一般的な会社とは違い自ら評価者へアピールする力が必要ですね。

これが出来ないと頑張ってるのか、それとも適当に仕事してるのか、会社に貢献してるのかわかりません。

 

クライアントからの反応

自社の営業と客先の担当は定期的に会うでしょうから、その際にクライアントの方から自社へ評価を伝えてくれることもあります。

これは自らアピールする場合と違って、信憑性が増しますのでクライアントの求めてる部分にフォーカスして仕事をしましょう。

わからない場合は、クライアントが喜びそうなことをするのがポイントです^ ^

 

客先常駐SEこそ評価されやすい環境を作る

システムエンジニアならば不具合なくプログラミングできれば良い?と思うこともあるかもしれませんが、実際には仕様変更の方が多いはずです。

仕様変更が不具合に変わりますもんね(^^;)

そのため、不具合のせいで残業が多くなり進捗が遅れている?と思われるのは避けなければなりません。

 

数値化する

不具合件数を報告してアピールするなら、仕様変更の件数も必要です。

残業時間もわかりやすい数値化のポイントでしょう。

特に数値化できるところがない!と思う方もいるでしょうが、そんなことはないはず。

上司の立場(評価者)に立って考えてみると、違った視点になるのでオススメです。

 

追加受注

一番わかりやすいのは、追加に人員を追加してもらったり、請負案件を自社に持ち帰ることです。

これがあると売上になるので、会社にとっても評価がしやすくなります。

そんな簡単に受注をもらえるわけではないんですけどね(^^;)

 

いきなり評価を反映してもらうのは難しい

僕自身7年ほどシステムエンジニアをしてきましたので色々ありました。

追加受注やプロジェクト終了後に再度、僕だけ呼ばれたりと、評価されやすいポイントの経験もあります。

しかし、会社の経済状況次第なので、評価がいきなり年収などに反映されるのは期待しないほうがいいでしょう。

 

ベンチャー企業は避けるべき

客先常駐SEは評価がされにくい仕事です。

評価者といっしょに仕事をすることができればいいですが、それでも会社の経済状況次第。

なのでせめてできる限り、大きな規模の会社で働きましょう。

 

下請けだと問題解決にならない

下請けの客先常駐SEだと将来的に厳しいですね。

5年後や結婚生活を考えてみて欲しいのですが、実際に今と同じ生活をしていけるのでしょうか(–;)

 

出来る限り元請けになる

客先常駐SEならせめてクライアントから直接受注をもらいましょう。

そうしなければ評価を反映するためのお金が会社にありません。

ここを楽観視する人が本当に多いのですが、頑張っても評価を反映するお金がない会社というのは問題外です。

そういう会社は社長と事務の2人で事業を進めてくださいσ(^_^;)

 

SEにも種類がある

SE種類

IT業界はとても広いので客先常駐SEではなく、自社製品の開発をするSEもいます。

こちらは社内SEと呼ばれるのですが、社内SEは2種類あって、僕のような会社の情報システム部門ではないのでご注意を。

自社製品開発のSEについては以下の記事で詳しく書きました。

 

まとめ

客先常駐SEは評価がされにくいことがわかったと思います。

そして評価を反映できない会社の場合の解決方法も見えてきたでしょう。

個人的にはIT業界のベンチャー企業はかなり厳しいですよ。実際に僕もベンチャー企業にいましたが、ボーナスがだせない状況になった経験が(^^;)

 

ちなみに僕は毎月、帰社日の時に報告してましたが、けっこう現場で僕はお客さん(社内SE)に人気でした笑(←自分で言ってる笑)

 

 

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
社内SEとは?←この答えって何だろう?
社内SEとは?

SEから社内SEに転職した僕が、社内SEに関する様々な出来事を書いていたら、いつのまにか【社内SEに転職するノウハウや、社内SEのリアル】がたくさんあるブログになりました。

僕は社内SEって、ITで世の中を便利にできる仕事だと思います。

この記事を読めばあなたは、

  • 社内SEのリアルな情報
  • 社内SE転職ノウハウ
  • 社内SEが創り出す未来

 

これらがわかります!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください