SEの未来

常駐SEスキルアップ!現場がコロコロ変わって身に付くチカラ4選

常駐SEスキルアップ!現場がコロコロ変わって身に付くチカラ4選

常駐型のシステムエンジニアを長いこと経験すると、色んな力が身に付き、どんどんスキルアップしました。

PJ単位で現場が変わるのは当然ですが、色々と案件を掛け持つと、定時になったら別の現場へ行くこともありますよね。

そうなると、

「また別の現場か~」

「違う言語だから開発大変だな~」

「知らない人ばっかりだし~」

イロイロと気持ちが溢れてきます笑

僕は7年ほど経験した後、社内SEに転職しましたが、常駐SEの頃に身に付けたスキルは今でも大切な財産です!

現在、システムエンジニアとしてスキルが不足してそうな人は、サラッとスマートに受け入れてスキルアップしちゃいましょう。

ポイント
  1. 息を吐くように○○を読む力
  2. ○○の切り替えの早さ力
  3. 知らない人との○○力
  4. ○○な仕事は誰かに頼る力

 

木の記事を読むと自分自身の視野も、周りからの評価もバツグンに変わります!!

 

常駐SEスキル:息を吐くように空気を読む力

お客さんのところに常駐していると、別のPJを掛け持つのを嫌う人がいます。

たしかにお客さんの立場からすると、自分のPJ以外は受け持ってほしくありません。

この「お客さん」というのは社内SEですよね。

僕が社内SEの立場から見ると、たしかにちょっと嫌です笑

でも元SEなので気持ちもわかります^^;

 

ここでいう、空気を読む力は、常駐先のお客さん(社内SE)に他のPJを掛け持っていることを、バレないようにするのに必須です!

バレないように気を付けていると、自然とスキルアップし、

気付けば誰かと話していても、

「あっこの人、いま話した仕様わかってないな」

というSEにとって超重要なスキルまで身に付いてきます!

このスキルを身に付けていないと、あとあと大改修になります。。。

「自分が担当してるわけじゃないし、いいか」

と思っていると、

ガッツリ自分も巻き込まれていくので気を付けましょう(-_-;)

この積み重ねが、のちのち危機回避能力がある、と評価され、

「この人なら安心できる」というブランドになっていくのではと思います。

 

 

常駐SEスキル:頭の切り替えの早さ力

たくさんPJに関わっていくと現場ごとにルールも違えば、開発言語も違います。

PJ毎にキッチリと知っておかなければなりません。

これは一般的な仕事とは明らかに違い、かなり特殊なことです。

 

僕は社内SEに転職したので知っていますが、一般職は頭の切り替えと呼べるほどの仕事はそんなにありません。

なので、今あなたがシステムエンジニアとして、頭の切り替えがなかなか出来ずに悩んでいたとしら、

そこまで気にしなくても大丈夫です!

システムエンジニアが特殊なだけなので、無理せず、ゆっくりと頭を切り替える力を養っていけばいいと思います。

 

 

知らない人とのコミュニケーション力

ビジネス商談

1年の間に何度も現場が変わっていくと、色んな人と話す機会が増えます。

だいたい同じようなことを話してはいますが笑

驚くことに慣れてくると、相手のお客さん(社内SE)の方が話すのが大変だなぁと思ってきました。

システムエンジニアは色んな人と話すのに慣れていくので、だいたい同じことを話すのに、

お客さんは初めまして、からの、システム説明など色々と大変そうです。

 

実際に社内SEに転職して思いますが、名刺交換をあまりしなくなりましたね。

システムエンジニアの頃はけっこうしていたのに。

それでも、会社に営業が来たりしても、けっこう話せます笑

システムエンジニアの頃に鍛えられているおかげで、だいぶ話せますし、

他部署ともサラッと会話ができるのは、色んなPJで色んな現場で話す機会があったからなんですね。

 

僕が社内SEに転職したとき、先輩や上司はシステムエンジニアの経験がなかったので、他部署と話すのはけっこうしんどそうでした笑

僕からしたら、他社と話す方が面倒なんだけど、って思いました笑

自社の人ならだいぶ楽だと思うんですけどね。

 

 

ちょっと面倒な仕事は誰かに頼る力

何でもかんでも自分でこなそうとするのは無理があります。

ひたすら回避するか、誰かに頼むしかありません。

ここで頼る相手は、「息を吐くように空気を読む力」に出てくる、危機回避能力が高い人にです!笑

もちろん回避していても自分のスキルも評価も上がりません。

ここのスキルは仕事以外でも重要なスキルでした。

ストレートに頼んだらもちろんダメですが、

きちんと状況(いまの作業状況を説明)→理由(手がいっぱいな根拠を説明)→未来(お礼と恩を忘れないこと真摯に伝える)を、話して頼るとお互いに気持ち良くなります。

これは社内SEに転職してからも重要でしたし、プライベートでも果敢に発揮しています^^

あたりまえのことと言われれば、あたりまえのことかもしれませんが、

けっこう出来ない人が世の中たくさんいると思います(- -;)

 

まとめ

さいごにもう一度、見てましょう。

常駐SEでスキルアップしたものをまとめると、

  1. 息を吐くように空気を読む力
  2. 頭の切り替えの早さ力
  3. 知らない人とのコミュニケーション力力
  4. ちょっと面倒な仕事は誰かに頼る力

 

ですね。

 

常駐SEの頃に身に付けたスキルは今でも大切な財産です。

僕は7年ほど経験した後、社内SEに転職しましたが、

現在、システムエンジニアとしてスキルが不足してそうな人は、着々とスキルアップしちゃいましょう。

そうすると自分自身の視野も、周りからの評価も本当に変わります!!

 

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業の夫婦で子育てブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
▼このブログは僕の体験談です▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますので、なぜ僕がSEから社内SEに転職したのか?は僕の転職体験談を読んでもらえるとわかりやすいです^^

僕の転職体験談へ

社内SEの仕事内容一覧へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください