社内SE転職エージェントインタビュー

SEの退職方法~これでお互い気持ち良く退職できる~

2018-10-15

SEの退職方法はこれだ!

システムエンジニアを7年ほど経験しましたが、

3年経つ頃には、「やりがい」がなくなってしまいました。

さらに、業界の働き方もおかしいと思ったので、僕は社内SEに転職しています。

 

当時いた会社は、僕が未経験でシステムエンジニアとして、一人前になるまでお世話になった会社でした。

社長とも仲が良かったです。

さすがに退職を言い出すときは気まずかったですが、退職するときは円満退社でした。

 

その時、最後の仕事として、社員旅行の幹事を他部署の仲が良い人とやって、

盛大にお金を使って盛り上がりました!笑

たぶん会社では、伝説になっているんじゃないかと思います^^

しかもその時、釣り大会まで主催し、僕は優勝して賞金Getしました!

(僕は釣り歴20年あります笑)

 

なぜ、このように退職できたかと言うと

それは相手のことを想って話したからです。

 

具体的にいうと、社内SEになったら仕事を依頼したいという気持ちを伝えることです。

これこそがお互いにWin-Winだと思います。

 

 

複数の転職サイトを利用すべき4つのポイント

SE退職理由:僕はユーザーが見えるところで仕事をしたかった

僕のやりたいことは、ユーザーが見えるところで、実際に自分の作ったシステムが本当にうまく行っているのか?知りたかったんです。

さっさと作って、次のプロジェクト行く日々は、、、どうなんですかね。

上司とかは気軽でいいじゃないか、と言ってましたが、僕はツマラナイと思ってしまいました。

 

今は知りませんが数年前の時点で、”プロジェクトを100%成功させる方法はない”と業界全体で言われていました。

なのでデスマーチもあれば、助っ人などたくさんしましたけど、

んー、そりゃ失敗するよね?っていう働き方でした。

設計のフェーズに力を入れすぎていて、開発の頃にはスケジュールが既に遅れていました笑

それで仕様変更の嵐ですからね(^^;)

 

 

SE退職理由:じっくりと腰を落ち着かせて仕事をしたかった

作ったシステムがうまく行かなければ、

ヒアリングしてより改善していきたい。。。この思いが強くなりました!

しかも、僕のプロフィールにも書いていますが、

僕は毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてました。

なかなか大変でした。 さすがに子供が産まれて直ぐに転職しましたが遅かったくらいです。

じっくりと1つのことに集中したかったんですよ。

そうしないと自分のスキルも上がっていかないと思います。

 

基幹システムのリプレースを、100%成功させることは難しいかもしれない

実際に基幹システムを作っただけでは直ぐに結果はわかりません。

運用に載せて、実際に使ってみてからでないと、ユーザーはイメージが湧かないことが多いです。

「本当にユーザーが求めているものは何なのか?」

これって相当ハイレベルです。

社内SEになって基幹システムのリプレースが終わった後に僕は入社しましたが、

まぁまぁひどい結果になっていました。

担当したシステム開発会社は、日本を代表する会社に依頼していたのに大失敗です。

かなりのお金をかけていましたが、

失敗し、日程の問題があったので、そのまま運用開始していて、

仕様書は初期の頃に作ったものが残っていただけでした。

 

担当した社内SEはプログラミングの経験がなかった

僕の入社した会社は、当時、基幹システムのリプレースをメインで担当していた人が、

責任を感じたのか退職していて、その代わりに僕が入社したんです。

その人は大手のITSier出身の人ですが、

プログラミングの経験はありませんでした。

ソースを見てみると、えーーーって感じでしたよ。。

僕が基幹システムリプレースの前に入社していれば、

ここまでにはならなかったのになぁ、と思いながら改善しまくりました!

 

 

「仕事を依頼したい」というスタンスはお互いに素晴らしいことになる

ビジネス商談

意外なことに、仕事の依頼というのは、直ぐに入社して直ぐにできる可能性もあります。

僕が話したことはすべて事実なので、

あなたが社内SEに転職した時には、同じことになっているかもしれません。。。

 

退職こそお互いのことを考える

退職というのは自分本位な考え方になりがちですが、

僕は「自分のやりたいこと」に繋げるために泣く泣く退職したので、仕方がないと思います。

(恐らくみんな、退職理由の本質はこうなるはずです)

 

しかも、その「自分のやりたいこと」を実現するために、

今までお世話になった会社に恩返しまでできてしまいます。

また、値段交渉もしやすい上に、社内SEとしてシステム開発会社にコネがあるのは大きいです!

ぜひ、社長や部長に直接言いましょう^^

 

自分本位の例

転職するからには不満がたっぷりあるでしょう。

場合によっては「残業代が出ないので辞めます」というケースや、

「1次請けのミスの改修ばかり」「将来性がなさすぎる」などなど色々とあるかもしれません。

 

でも、円満に退職すればイロイロとやりすくなりますので

そこはこらえつつ、お互いに気持ち良く生きて行きましょう!

 

 

まとめ

システムエンジニアから社内SEに転職しましたが、

たまに前にいた会社に連絡を取っています。

一度、遊びに行ったこともあります笑

 

やはり退職を言い出すときは気まずかったですが、ちゃんと言ってよかったです。

それがあったからこそ、退職するときは円満退社でした。

 

たいせつなのは

相手のことを想って話すこと

これがあれば将来的に自分の武器にもなります^^

 

 

オススメ転職サイト

当ブログ厳選の転職エージェントをご紹介します。比較している記事もありますので参考になれば嬉しいです。

※転職成功の秘訣は「複数の転職サイトへ登録」するメリットは?を参照

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトですが取扱い地域が関東のみなので注意が必要です。ユーザーに合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューした記事はコチラ

比較の記事へ 公式HPへ

 

~レバテックキャリア~


この会社は依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいことが強みでもあるそうで、ITに前向きな会社か調べるのは得意でしょう。年間累計3000回以上、企業に足を運ぶのは凄いです。

比較の記事へ 公式HPへ

 

~マイナビエージェント×IT~ITエンジニア専用転職サイトです。大企業から中小企業までの網羅性は絶賛されています。

比較の記事へ  公式HPへ 

 

こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ

僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 

正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。
頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログへ


↑↑
ランキングに参加してます!
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。