SEの未来

客先常駐SEつづける?【下請け二次請けの構造を理解】

客先常駐SE

独立系システム会社で7年ほどSEをしてました。

もちろん元請けではなく、一次請けでもなく、二次請けです。

社員が転職し続け、なんと途中から給与が爆アゲしたのには笑いましたが、もちろん転職しました。

 

この問題の本質は、下請けだからではなく、下請けでも元請けでも常駐SEに未来がないということです!

別のSEの道なら定年まで働けるので安心してください^^

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

受け入れ先の面談に受からなくなる

若いうちはまだいいですが、35歳を超えてくると少々厳しくなってきます。

元請だとしてもです。

なぜなら若いSEの方が単価が安いからなんですよね。

 

1人月の単価

下請けになるとマージンが抜かれていくので、どんどん安くなっていきますね。

クライアントは1人につき100万だしていたとしても、二次請けになると40万になることも。

そうなると2年生のSEや新卒を行かせる場合もあるでしょう。

(実際に見たことがあります)

 

仕事の吸収力

若い人の方が仕事の吸収力があるので喜ばれますね。

40代になってくると、良い言い方だと「得意な業界の案件」しか担当できなくなります。

その場合リーダーなどのマネジメントレベルで現場に入れるかもしれませんが、知らない業界だと勉強しても頭に入ってこなくなるので難しいでしょう。

 

客先常駐SEの年収

元請けも残業ありきの世界なので年収は高めになりますが、下請けの一次請け、二次請けの場合はけっこう悲惨です。

残業で稼ぐ?

下請けの場合も残業や休日出勤でカバーできるのでは?と、可能性があるように見えるかもしれませんが、年俸制の会社の場合は無理です。

そしてそんなに残業も休日出勤もしたくありません。

なぜなら若い人なら結婚も考える頃だし、家族がすでにいるなら家族サービスができません。

僕は社内SEになって部門方針で残業があまりないですが。

 

管理職の場合は?

年齢によっては管理職にさせられてたら残業も休日出勤しても年収は変わりません。

むしろ尻拭いが多くなってきちゃいます。

僕がいた会社の部長たちはみんな毎週休日出勤してましたけど、いまごろ大丈夫なのかな?

すでに離婚の危機のうわさが立ちまくってましたが。笑

 

SEとして定年まで働くには

SEとして定年まで働く

IT業界以外のSEになれば問題ないです。

あなたがシステム開発をずっと続けたいのであれば、自社製品開発のSEの道もあるし、僕のような情報システム部門として働くのも面白いですよ。

 

自社製品開発会社の社内SE

けっこうこちらの選択をする人も多いそうですね。

たしかに社内SEとしてツールの営業に来る方と話してるとエンジニアの方が社員数の割合が多いそうです!

何度か営業の人と一緒に打ち合わせに来ましたが、大手の自社製品の社内SEに聞いたら、出張したり異動があったりと、大手は大変だな~と思いました。

社内SEの種類については、以下の記事に詳しく書きましたので、わかりやすいと思います^^

中小企業の情報システム部門

僕はだんぜん中小企業の情報システム部門がオススメですね。

けっこう自由ですし、周りにITに詳しい人がほとんどいないので、最強です!笑

スマホの質問とかの個人的な質問は社員どころか社長からもきますが笑

けっこう外出してセミナーに行けるのも楽しいです^^

そこらへんは以下の記事が参考になりますので見てみてください~

まとめ

SEとして働くとしてもIT業界以外なら定年まで僕は働けると思いますし、けっこう楽しいですよ^^

システム開発を続けたいSEも、僕みたいなSEなど、様々なSEがいますが、IT業界じゃなくてもITエンジニアはたくさんいるということを知ってもらえれば嬉しいです。

業界が変わると世界が変わりますので、僕としては社内SEのスキルを知ったうえで、どんな役割があり、どんなやりがいがあるのか。

社内SEの日常などを当ブログから感じてもらえればと思います。

 

社内SEは人気職種なので、気軽に誰でも採用されるわけではないですが、キッチリと志望動機をアピールすれば社内SEに転職できるはずです!

そのための社内SE転職ノウハウや評判・口コミを以下にまとめています。

社内SE転職【口コミ・評判まとめ】

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業の夫婦で子育てブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
▼あなたも僕も同じかも?▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますが、色んなことがありました。
あなたもきっと、様々な想いからこのブログを読んでるのでしょう。

僕はずっと両親と義両親から転職を勧められてました。
(妻には結婚前からですね)

『こんなに頑張ってるのに、何でそんなこと言うんだ?』
『自分で決めた道なんだから、放っておいてほしい』、と思ってました。

しかし、正しい方向に頑張らないとダメだということに気付いたんです。
その話を踏まえた、僕の転職体験談はコチラ

あなたが今の仕事に満足していないなら、今すぐに行動しないと、今のままキャリアも人生も固定されてしまいますよ。そうなると、自分も家族も幸せにはなれません。

オススメ転職サイト

ITに特化した転職エージェントをご紹介。
特化すべき理由は、”採用への前向きさ”がわかるためです。
ここで紹介する3社は僕も実際に会いました。

良い求人ほど1社にしか載せない!この問題は複数の転職サイトを利用すれば解決できます。ブラック企業を避ける方法【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイト比較の記事へ

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は話題に。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけで、登録時は簡単に入力し残りはエージェントに相談しましょう。30代の方も多いので、我が社で採用するときはマイナビさんにお願いしてます。

評判を見る 公式HP

 

~レバテックキャリア~


今後もSEとして生きていくなら必ず登録。実際に採用側としても利用しましたが、あなたの将来設計を本気で考えてくれるエージェントに感動したとともに、『内定率が高い理由』がよくわかりました! 現在IT系の転職サイトとして大人気で伸び続けています。Web系の情報を全国的に網羅していてとても話が盛り上がりました^^

評判を見る 公式HP

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化した転職サイトで、求人は関東と関西が多いので、他の地域の人は注意。最初に紹介したマイナビとレバテックキャリアの2つを登録した上で、余裕があるなら3つ目として是非とも利用しましょう。

評判を見る 公式HP

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください