社内SE転職記事の一覧

政府のIT関連人材の育成方針だと使い捨てSEが増える?【常駐SEは特に注意】

政府が2025年までに数十万人規模を育成するそうですが、これはまた常駐SEが増えるだけでしょう。。

人工知能(AI)の人材を増やしていきたいそうですが無理がありません?

特に東京では、大量に生み出された基幹システムリプレースの常駐SEみたいになりそうですね。。

(過去の僕)

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

人材を増やしてどうするの?

どう考えてもシステム開発は海外に発注したほうが安いですし、日本人はどんどん管理側に回らなきゃ。

僕の経験上、中国人はなかなか仕様通りに作ってくれないけど。

(しかも逆ギレしてくる笑)

それでもどんどん管理側の経験を積んでいかないと今まで通り日本は出遅れますよね。

システム開発が海外に発注するのがスタンダードになった時にみんなで仲良く学び始めるのかな。。

 

転職者がまたまた大量に増えちゃいますよ

せっかくSEのスキルを身につけても別の業界へ転職する人が止まらないですね。

久しぶりに僕の仲良くしている後輩に連絡したら、なんと鉄道会社に転職してました笑

意外でした笑

社内SEになればスキルを活かせたのに。

鉄道とか好きだったのかな?

夜勤もあるから大変そうだ。

 

 

英語ができればSEとしてのステージがあがる

相当優秀じゃなきゃ無理でしょうが、それでも外資系のSEは破格の年収のようです。

でも外国人の下請け扱いというかアシスタントが多いらしいので、なんだかやりきれないですね。

ここでもやはり管理経験が重要なんですかね。

 

社内SEになり管理経験をして思うこと

社外のシステム開発会社とのやりとりが多くなって痛感しますが、コーディングする機会は減る代わりに、他社をマネジメントする能力が重要になってきます。

前から言われてましたが、これはSEならどの分野でも同じで、他社をマネジメントする能力は重要だと思います。

(年収が上がらない理由にも直結)

ただ単にデスマーチの人海戦術のために、客先へ行って常駐SEをやっていたら、、。

かなり出遅れますね。

ってか転職するしかなくなる可能性も。。

 

あなたは経験を積める環境にいますか?

1人で作れるコードはたかがしれています。

それならば、何人かのSEに発注して自分は上流工程をやっていきましょう。

中小企業の社内SEは数人で構成されてます。

この数人で上流工程を回すことになるので、小規模なPJをいくつも回して経験を積んでいけます。

大変な時もありますが貴重な経験ですし、デスマーチほど体力的にも精神的にも辛くはありません。

むしろ自分達で『自分の会社のインフラを創ってる感』が凄いんですよ。

(現在進行形)

 

 

システム開発PJを創造する

自社の基幹システムのリプレース以外でも、PJはいくらでもあります。

大抵の人は、商品作りをしている会社の社内SEになるでしょうから、物流部門(通称ロジ)がありますよね。

ここのカイゼンだってできるし、事務職はどこの会社でも必ずいるのでこの部分でもいいですよね。

マーケティング部門が求めるシステムは、さすがにパッケージの方がいいですけど。

(システム開発してる間にトレンドが変わるかも)

 

まとめ

またいつぞやの時代のように、転職サイトに常駐SEの求人が沢山並ぶのでしょうね。

(人工知能の)

うーん、なかなか時代は変わらないですね。

僕も乗り越えてきた1人ではありますし、あのころを経験していなければ、今の自分がないのも事実。

僕は7年もIT業界でSEを経験しましたが、3年も経験すれば十分だと思います。

 

そこからは特別スキルアップもしないし、ただただ忙しかったですね。

管理側の経験はあまりなかったので、管理側を積んでいける環境に積極的に向かいましょう。

必ずスキルが身に付きます。

社内SEも会社によって当たり外れがあるので、見極めなければなりません。

そこらへんの話はコチラの社内SEの転職先は面接で見極める!失敗しないための5つのポイントが参考になると思います。

 

 

■下の記事は社内SEの転職に関連することを纏めました

社内SE転職【口コミ・評判まとめ】

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
▼あなたも僕も同じかも?▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますが、色んなことがありました。
あなたもきっと、様々な想いからこのブログを読んでるのでしょう。

僕はずっと両親と義両親から転職を勧められてました。
(妻には結婚前からですね)

『こんなに頑張ってるのに、何でそんなこと言うんだ?』
『自分で決めた道なんだから、放っておいてほしい』、と思ってました。

しかし、正しい方向に頑張らないとダメだということに気付いたんです。
その話を踏まえた、僕の転職体験談はコチラ

あなたが今の仕事に満足していないなら、今すぐに行動しないと、今のままキャリアも人生も固定されてしまいますよ。そうなると、自分も家族も幸せにはなれません。

オススメ転職サイト

ITに特化した転職エージェントをご紹介。
特化すべき理由は、”採用への前向きさ”がわかるためです。
ここで紹介する3社は僕も実際に会いました。

良い求人ほど1社にしか載せない!この問題は複数の転職サイトを利用すれば解決できます。ブラック企業を避ける方法【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイト比較の記事へ

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は話題に。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけで、登録時は簡単に入力し残りはエージェントに相談しましょう。30代の方も多いので、我が社で採用するときはマイナビさんにお願いしてます。

評判を見る 公式HP

 

~レバテックキャリア~


自社製品の開発SEを目指すなら必ず登録。ここは自社サイトも社内で作るほどのエンジニア集団です。より技術に特化したSEを目指すなら会いましょう。エンジニアとして開発を続けるためのキャリアプラン(Web系など)も相談できます。もちろん社内SE向けの求人もあります

評判を見る 公式HP

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトで、求人は関東と関西が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーの状況に合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。

評判を見る 公式HP

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください