社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容を細かく紹介!種類に性質やSEとの違いもわかる

社内SEの仕事は多岐に渡る

僕は社内SEをやるのは初めてだったのですが、実際に転職してみて「こういうこともやるんだなぁ」と驚くこともあります。

現在、社内SEへ転職を考えている人や社内SEの人、興味がある人へ向けて、社内SEの仕事内容を列挙してみました。

ポイント
  • 社内SEの仕事内容と性質
  • 社内SEの仕事の種類
  • 社内SEの仕事内容で根幹部分を深堀

 

これであなたも社内SEの仕事内容が頭の中でイメージできると思います^^

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

社内SEの仕事内容と性質

今までシステムエンジニアとして働いてきた方にとっては、驚くことになるかもしれません。

バックアップ部門なので事務の方と同じ管理部門になります。

僕はとても驚きました。

 

今までシステム開発会社にいたので、バックアップ部門は事務の方だけでしたので。

自分達エンジニアが、営業兼開発としてプロジェクトに参画していたので、管理部門のことはよくわかっていませんでした。

売上に直結する部門でしたしね。

なので、あくまでバックアップ部門としての立ち位置で仕事をします。

自分で売上を作ることがなくなりますし、お客様とも会いません。

 

 

社内SEの仕事の種類

こちらがこの記事の本題となる、社内SEの仕事内容です。

入社前のイメージと違って本当に色んなことをするんだなぁ」って思いました!

「そりゃそうか!」って思ったこともたくさんありました。

 

システム部門の予算作成と管理

年度末に次年度のシステム部門の予算を考えます。3か年計画を立てているなら簡単に作れますが、ないなら次の1年間で何をしたいか考えましょう。

外部にシステム開発することも踏まえつつ、自分自身のキャリアを考えつつ実績を作ろうとしていくと普段の仕事も面白くなってきます^^

 

企画

経営層が考える経営戦略にIT戦略など、経営課題をITで解決していきます。そのためにはIT企画の立案が大切。

業務分析を行い、システム化の範囲や予算を考えていきましょう。このときはもちろん想定より多めに考えることが一番大切かもしれません。笑

経営層に企業の利益となるように数字を見せつつ、現場の社員が喜びそうな企画にしていくとめちゃくちゃ評判が高くなります!

そのためにもマーケティングの本を読んでおくのがオススメです。

 

システム開発

社内SEとしてシステム開発をするときの流れは、基本的に今までのSIerとしてSEしてた人ならわかると思います。ほぼ一緒です。

簡単に説明すると、システムの設計、開発、テストの工程。

基本的には社内SEの人数は少ないので、外部のシステム開発会社に依頼することになります。

なので周りのシステム開発会社と縁を作っておくと便利!

なんなら自分が以前に働いてたシステム開発会社に依頼すると喜ばれますし、僕は実際にSEを退職するときにこのことを話していたので、お互いに笑顔でSEを退職できました。笑

外部に依頼する際は進捗管理や品質管理をする側になるので、そこらへんも意識しながら前職の上司をあなたが管理しましょう!笑

 

セキュリティ対策

昨今、ランサムウェア対策が流行っていますね。

弊社の営業から「ランサムウェアのニュースを見たんですけど、うちの会社ってウィルス対策とかしてるんですか?」って聞かれました。笑

驚きましたね、もちろん我が社は当時してなかったので残念な回答になってしまいました。笑

その後、導入し、こないだユーザー交流会に行ってきたました。各社のセキュリティ担当が来るのでハイレベルな交流会すぎて僕はたじたじでした。笑

 

システムの運用・保守

自社の機器や回線を含めたインフラ部分は社内SEのメイン部分でもあると思います。

なぜなら会社としては一番わからいないし重要なところだからです。

サーバやネットワークなどを監視し、問題が起きた場合には即座に対応しなければなりません。

システムの改修や要望対応もありますが、ちょっとこのインフラ部分は細かく解説していきたいと思います!

 

電話関連

意外にたくさんありますが、構築した後はほとんど何もしません。

保守会社がたまに点検にくるくらいです。

会社自体の引越しがあるまでは、何もすることはないです。

事業を手広くやっていたら、電話番号をたくさん取得することになるので、電話交換機の入れ替えがあるかもしれませんね。

 

・契約する回線

・電話交換機

・電話機

・電話線の配置位置

・バックアップ回線

・留守番電話

・携帯電話

 

インターネット関連

最初に構築したらあまりやることはないはずですが、最近流行りのランサムウェア対策などセキュリティ関連でやることはたくさんあります。

更に社員が増えてくると、地味にですが作業が増えてきます。

特に外出用にWi-Fiルーターを追加するのが厳しいというか、追加契約するのにいちいち社長の代表印が必要だったりで大変です。

 

・契約する回線

・ルーター

・ハブ

・VPN

・無線LANルーター

・有線LANの配置位置

・外出時のLAN

 

端末関連

社員が仕事で使うので、営業はノートPC、デスクワークの人はデスクトップPCなど、働き方で使うPCを決めます。

使用するソフトも部署によって違いますよね。

 

・ハードの選定・購入・設定

・ソフトの設定・購入・設定

・モニターの設定・購入・設定

 

サーバ関連

ファイルサーバや基幹システムなど、考え始めると色々ある気がしますが、最近はクラウドの製品が増えてきているので構築することが減ってきてます。

特に最近は、ハイパーコンバージド製品が増えてきてるので、検討するのもあり?だと思います。

うちでは今メーカーを呼んで検討中です。

こないだデモをしてもらいました。

(けっこう内容は難しかったですね)

 

・ハードの選定・購入・設定

・ソフトの選定・購入・設定

・管理方法

・バックアップ

 

プリンター関連

どの部署でも使用しますが、お客さんとやりとりする部署にはFAXを付けたり、制作関係の部署ならカラーにこだわる必要があったりと様々です。

意外にトラブルが多いところです。

PCの問題なのか、プリンターの問題なのか、切り分けるのが面倒な時は、保守会社に見てもらってます。

 

・ハードの選定・購入・設定

 

基幹システム関連

ここはとてもウェイトが大きいというか、会社的にはインフラのトラブルと、この基幹システムのために情報システム部門があると思います。

 

・システムの開発・保守

・BIツール

 

グループウェア関連

社員のスケジュール管理方法や、会議室の予約システム、ワークフローなど様々なものを使うと思います。

これも最近はクラウドの製品が多いので保守は楽になってきていると思います。

 

・ソフトの選定・購入・設定

 

その他

なぜか社内セミナーなどのイベントごとにも駆り出されます笑

確かにプロジェクターを使ったりすることを考えたら必要かもしれないですね。

アカウント管理もなかなか大変ですね。

特に過去の分の管理が大変ですので、何かのタイミングで一気に効率化しちゃいましょう。

自分が作ったものはきちんと管理できますが、過去の分は当事者がしっかりやっていなければ、中途半端な負の遺産以外の何物でもないですからね。

 

・Web会議

・ヘルプデスク

・分析依頼

・セキュリティ対策

・イベント準備

・アカウント管理

 

社内SEのスキル

社内SEの仕事内容と合わせて、社内SEのスキルも知っておきましょう。

自分がどんなスキルを持っているか?でも今後の社内SEとしてのキャリアパスも変わりますし、身に着けおくべきスキルがわかります。

持っておくと便利な資格なども紹介しつつ、実際に僕が社内SEに転職して一番大切だと思った社内SEのスキルも合わせて紹介中です^^!

 

まとめ

他にもあるような気がしましたが、ざっと思いつくものはこのくらいです。

(あくまでうちの場合です。会社によって内容は変わると思います)

いかがだったでしょうか? 自分自身がイメージしていたものとは違うものがたくさんありませんか?

僕は未経験のものだらけで戸惑いましたが、実作業的にはたいしたことないです。

やれば慣れますし、それよりも自社の業務を細かく覚える方が大変でした!

(これ本当に大変です。でも一度覚えたら問題ないです)

 

SEの頃は、だいたいわかってればシステム開発には問題ないですが、社内SEとなると全業務を知っていないと基幹システムのリプレースするのは厳しいかもしれないですね。

地道に覚えていきましょう。

SEの方ならわかるかもしれませんが、そこが出来ていない社内SEが多いのもあって、仕様変更が大量に発生し、基幹システムPJは失敗してますよね笑

自分自身が社内SEになった時にこの部分をどうするかはあなた次第です。

 

基幹システムリプレース時に、自社側の立場の人をシステム開発会社に依頼するのもリスクヘッジだと思いますし、僕は多分そうします。

なぜなら社内SEは人数が少ないですし、日々の業務もあります。

出来る限りリスクは少なくしたいですし、たくさんの業務を抱えるのも嫌です。

色々とお金がかかるのが基幹システムですが、最初にキチンと作り上げたら保守をしていくのは楽になると思います。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は社内SEの転職に関連することを纏めました

社内SE転職【口コミ・評判まとめ】

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
▼あなたも僕も同じかも?▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますが、色んなことがありました。
あなたもきっと、様々な想いからこのブログを読んでるのでしょう。

僕はずっと両親と義両親から転職を勧められてました。
(妻には結婚前からですね)

『こんなに頑張ってるのに、何でそんなこと言うんだ?』
『自分で決めた道なんだから、放っておいてほしい』、と思ってました。

しかし、正しい方向に頑張らないとダメだということに気付いたんです。
その話を踏まえた、僕の転職体験談はコチラ

あなたが今の仕事に満足していないなら、今すぐに行動しないと、今のままキャリアも人生も固定されてしまいますよ。そうなると、自分も家族も幸せにはなれません。

オススメ転職サイト

ITに特化した転職エージェントをご紹介。
特化すべき理由は、”採用への前向きさ”がわかるためです。
ここで紹介する3社は僕も実際に会いました。

良い求人ほど1社にしか載せない!この問題は複数の転職サイトを利用すれば解決できます。ブラック企業を避ける方法【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイト比較の記事へ

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は話題に。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけで、登録時は簡単に入力し残りはエージェントに相談しましょう。30代の方も多いので、我が社で採用するときはマイナビさんにお願いしてます。

評判を見る 公式HP

 

~レバテックキャリア~


自社製品の開発SEを目指すなら必ず登録。ここは自社サイトも社内で作るほどのエンジニア集団です。より技術に特化したSEを目指すなら会いましょう。エンジニアとして開発を続けるためのキャリアプラン(Web系など)も相談できます。もちろん社内SE向けの求人もあります

評判を見る 公式HP

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトで、求人は関東と関西が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーの状況に合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。

評判を見る 公式HP

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください