社内SEの仕事は多岐に渡る?社内SEに転職する前に仕事の種類を知っておこう

2018-08-12

社内SEの仕事は多岐に渡る

こんにちは! 常駐SEから社内SEに転職して早3年となります、アキクボです!

最近、新たに派遣の方を採用しまして、色々作業をお願いしたいので業務を教えている今日この頃です!

僕は社内SEをやるのは初めてだったのですが、実際にやってみて「こういうこともやるんだなぁ」と驚くこともあります。

現在、社内SEへ転職を考えている人や社内SEの人、興味がある人へ向けてうちの仕事内容を列挙してみました。

 

 

そもそも社内SEって何?

色んな言い方があるかもしれませんが、一般的には会社のシステムに関すること全ての構築・保守をする人達です。

会社の規模によっては経理の方が兼任してることもありますし、情報システム部門として専任で準じていることもあります。

 

社内SEの仕事の性質

今までシステムエンジニアとして働いてきた方にとっては驚くことになるかもしれません。

バックアップ部門なので事務の方と同じ管理部門になります。

僕はとても驚きました。

今までシステム開発会社にいたのでバックアップ部門は事務の方だけでした。

自分達エンジニアが営業兼開発としてプロジェクトに参画していたので管理部門のことはよくわかっていませんでした。

売上に直結する部門でしたしね。

なので、あくまでバックアップ部門としての立ち位置で仕事をします。

自分で売上を作ることがなくなりますし、お客様とも会いません。

 

オススメ転職サイト

当ブログ厳選の転職エージェントをご紹介します。比較している記事もありますので参考になれば嬉しいです。

 

転職サイト比較の記事へ

 

~マイナビエージェント×IT~ITエンジニア専用転職サイトです。取扱い地域は全国ということもあり、大企業から中小企業までの網羅性は絶賛されています。

 

比較の記事へ  公式HPへ 

 

~レバテックキャリア~

この会社は依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいことが強みでもあるそうで、ITに前向きな会社か調べるのは得意でしょう。

 

比較の記事へ 公式HPへ

 

~社内SE転職ナビ~

ここは社内SEに特化していますが取扱い地域が関東のみなので注意が必要です。社内SE業界特化という強みがあるのでイロイロと聞いてみましょう。

 

比較の記事へ 公式HPへ

 

 

社内SEの仕事の種類

こちらがこの記事の本題になります。

入社前のイメージと違って本当に色んなことをするんだなぁ」って思いました!

「そりゃそうか!」って思ったこともたくさんありました。

 

インフラ関連

会社を維持するのに必要なところです。

 

電話関連

意外にたくさんありますが構築した後はほとんど何もしません。

保守会社がたまに点検にくるくらいです。

会社自体の引越しがあるまでは何もすることはないです。

事業を手広くやっていたら電話番号をたくさん取得することになるので、電話交換機の入れ替えがあるかもしれませんね。

 

・契約する回線

・電話交換機

・電話機

・電話線の配置位置

・バックアップ回線

・留守番電話

・携帯電話

 

インターネット関連

最初に構築したらあまりやることはないはずですが、最近流行りのランサムウェア対策などセキュリティ関連でやることはたくさんあります。

更に社員が増えてくると地味に増えてきます。

特に外出用にWi-Fiルーターを追加するのが厳しいというか、追加契約するのにいちいち社長の代表印が必要だったりで大変です。

 

・契約する回線

・ルーター

・ハブ

・VPN

・無線LANルーター

・有線LANの配置位置

・外出時のLAN

 

端末関連

社員が仕事に使うので営業はノートPC、デスクワークの人はデスクトップPCなど、働き方で使うPCを決めます。

使用するソフトも部署によって違いますよね。

 

・ハードの選定・購入・設定

・ソフトの設定・購入・設定

・モニターの設定・購入・設定

 

サーバ関連

ファイルサーバや基幹システムなど考え始めると色々ある気がしますが、最近はクラウドの製品が増えてきているので構築することが減ってきてます。

最近はハイパーコンバージド製品が増えてきてるので検討するのもあり?だと思います。

うちでは今メーカーを呼んで検討中です。

こないだデモをしてもらいました。

(けっこう内容は難しかったですね)

 

・ハードの選定・購入・設定

・ソフトの選定・購入・設定

・管理方法

・バックアップ

 

プリンター関連

どの部署でも使用しますが、お客さんとやりとりする部署にはFAXを付けたり、制作関係の部署ならカラーにこだわる必要があったりと様々です。

意外にトラブルが多いところです。

PCの問題なのかプリンターの問題なのか、切り分けるのが面倒な時は保守会社に見てもらってます。

 

・ハードの選定・購入・設定

 

基幹システム関連

ここはとてもウェイトが大きいというか、会社的にはインフラのトラブルと、この基幹システムのために情報システム部門があると思います。

 

・システムの開発・保守

・BIツール

 

グループウェア関連

社員のスケジュール管理方法や会議室の予約システム、ワークフローなど様々なものを使うと思います。

これも最近はクラウドの製品が多いので保守は楽になってきていると思います。

 

・ソフトの選定・購入・設定

 

その他

なぜか社内セミナーなどのイベントごとにも駆り出されます笑

確かにプロジェクターを使ったりすることを考えたら必要かもしれないですね。

アカウント管理もなかなか大変ですね。

特に過去の分の管理が大変です。

自分が作ったものはきちんと管理できますが、過去の分は当事者がしっかりやっていなければ、中途半端な負の遺産以外の何物でもないですからね。

 

・Web会議

・ヘルプデスク

・分析依頼

・セキュリティ対策

・イベント準備

・アカウント管理

 

 

まとめ

他にもあるような気がしましたが、ざっと思いつくものはこのくらいです。

(あくまでうちの場合です。会社によって内容は変わると思います)

いかがだったでしょうか? 自分自身がイメージしていたものとは違うものがたくさんありませんか?

僕は未経験のものだらけで戸惑いましたが、実作業的にはたいしたことないです。

やれば慣れますし、それよりも自社の業務を細かく覚える方が大変でした!

(これ本当に大変です。でも一度覚えたら問題ないです)

 

SEの頃はだいたいわかってればシステム開発には問題ないですが、社内SEとなると全業務を知っていないと基幹システムのリプレースするのは厳しいかもしれないですね。

SEの方ならわかるかもしれませんが、そこが出来ていない社内SEが多いのもあって、仕様変更が大量に発生し、基幹システムPJは失敗したりしてますよね笑

自分自身が社内SEになった時にこの部分をどうするかはあなた次第です。

基幹システムリプレース時に自社側の立場の人をシステム開発会社に依頼するのもリスクヘッジだと思いますし、僕は多分そうします。

なぜなら社内SEは人数が少ないですし、日々の業務もあります。

出来る限りリスクは少なくしたいですし、たくさんの業務を抱えるのも嫌です。

色々とお金がかかるのが基幹システムですが、最初にキチンと作り上げたら保守をしていくのは楽になると思います。

 

 

こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ

僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 

正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。
頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑
ランキングでずっと1位を獲得中です!
よろしければ応援していただけると励みになります。