社内SE転職エージェントインタビュー

社内SEに転職する方法を確認しよう!転職エージェントがほぼ全てをコーディネートしてくれる!

2017-12-09

転職方法確認

SEから社内SEに転職して早3年ですが、今までこのブログで僕の体験談や思ったことを書いてきました。

実際に「SEを辞めて社内SEに転職する!」と決意してくれた人たちもきっと多いでしょう。

ですが、肝心の実際に転職するまでの流れをどこにも書いてないことに気づきました。

SEで忙しくて時間がない中、せっかく訪れてくれたあなたに効率よく転職してほしいです。

一日一日を精一杯生きるのも大切ですが、更にその先を大切にしないともったいないです。

 

ここでは僕の転職体験談をベースにご紹介したいと思います!

 

複数の転職サイトを利用すべき4つのポイント

転職エージェントに申し込む

無料で素晴らしいサービスですよね。

なんだか疑いたくなってしまうかもしれませんが、転職先に紹介することでお金が支払われる仕組みなのでガンガン活用ましょう!

お互いWin-Winです。

僕は初めて利用しましたが、流れを理解してなかったので、自分で色々検索してから行きました笑

 

職務経歴書について

ここら辺は書き方がわからなくても、卒業年などの時系列の入力(意外に難しいですよね笑)も含めて転職エージェントが助けてくれます。

プロなので得意です! 作れますよ!

肝心なのは、どこの学校出身か、さえ抑えておけば基本的には問題ありません。

 

実際に転職するか悩んでいる場合

それでも転職エージェントが助けになってくれます!

実際に転職しなくても、活用することができます。

自分自身の市場価値がいくらになるのか?確認してみてはいかがでしょうか?

 

転職エージェントと面談

僕は事前に公開求人の中から「コレだっ!」ってものを選んでから会いましたが、その必要はありませんでした。

人間の心理なんですかね?目の前にある情報だけで選ぼうとするんです!

限られた情報だけだと失敗します。なぜなら非公開求人の方が、採用費用がかかるので、企業が前向きに人を採用しようとしてます!

そこらへんはこちらにまとめています。

 

 

ここで大切なのは、ITに前向きな会社ほど非公開求人で、1社にしか依頼してないと思います。

この理由は以下の記事にまとめました!

 

 

転職するなら非公開求人

上の記事を見てもらったらわかるとおり、上でご紹介した転職サイトはITに特化しており、社内SE専門サイトから、全国に幅広く求人を出しているサイトまで、どれも素晴らしいものです。

必ず、直ぐにすべての転職サイトの転職エージェントと会いましょう。

非公開求人を大量に紹介してもらえます。あなたに合った求人が必ずありますよ。

 

公開されている求人もたくさんありますが、企業側の本気度が伺えるのは、ダントツで非公開求人です!

こちらのほうが費用もかかりますしね。

本当に良い人材を求めていることがわかります。

誰でもいいや、と思っているような企業なら公開求人のみでしょう。

 

転職する前に内部情報をゲット

転職エージェントから様々な情報を聞けます!

 

社内SEとして企業側が求めている人物像

どんな人材が欲しいのか、どういうことで困っているのか、色々と教えてくれます。

 

社内SEの現場の状況

毎月の平均残業時間から、どんな業務をするのか、なども教えてもらえます。

 

社内SEを募集する背景

なぜ今回募集することになったのか、情報システム部門の強化? 退職者の代わり? 色々と気になりますよね。

 

企業と面談

ここで実際に、企業側が社内SEを採用するうえで ”ITに前向き” かどうかがわかります。

実際の面談については、僕が過去に書いた以下の記事が参考になります。

 

社内SEに転職した後のサポート

ここの部分は人によっては、「もう転職したんだから関わってこないでほしい」と思う方もいらっしゃると思いますが、実際に社内SEに転職した結果、どうだったか、アフターフォローをしっかりしたいと転職エージェントは思ってます。

なのでたまに連絡がありますが、邪険に扱わないであげてください笑

 

3つの絶対に登録したい転職サイト



社内SE転職ナビ公式HPへ

 

レバテックキャリア公式HPへ

 

 

マイナビエージェント×IT 公式HPへ

何度も書いていますが、上の転職サイトは、社内SEに転職するなら必ず必要な転職サイトです。

転職を成功に導く要素を抑えてると思います!

3つとも登録しましょう。

 

 

自分のペースで転職活動ができる

大量にメールを送ってきたり、電話で焦らせたり、こういうことがないのは素晴らしいことだと思います。

焦って決めてもいいことはありませんし、後々後悔するかもしれません。

なんてったって転職というは人生の分岐点です。

そして、自分はあくまで選ぶ側です。

(この意識がないとブレてしまいます)

 

社内SEへ転職する方法まとめ

いかがだったでしょうか?

僕は実際に決意してから、一ヶ月くらい転職サイトで求人を検索してからエージェントに会いました。

ここまで記事を読んでいれば、ご理解されているように無駄な時間でした。。。

少ない情報だけで判断しようしていたのです。

しかも、自分が未経験の言語の基幹システムを扱っている会社に心が傾きかけてました。

なぜかというと

今の状況を早く変えたいばかりに焦ってた

 

さっさと転職してしまいたい気持ちばかり溢れていました。

それは間違いでした。。。

 

転職エージェントの方と話をして、実際に自分で選んで希望する会社に転職しました!

今は僕のような人が、たくさんいると思うので、コチラ側に引き込みたいと思ってブログをやっています笑

 

結婚して子供が生まれて色々ありましたが、家族で食べる夕食って素晴らしいと思います!

この業界ではなかなかできることではありません。

別の記事でも書いてますが、僕の父はSEでした。

 

 

帰りはいつも遅くて休日も出勤してます。

最初からこうだったので当たり前ではありますが、母がかわいそうですね。

 

僕は妻にそんな気持ちにはさせたくないのと、僕は僕でイロイロとやりたいこともあるし、飲みにだっていきたい! と思います。

社内SEになると、色んな部署の方と話すことが多いので、たまに飲みに誘われたりもします。

全然違う職種の方と飲むので、今までのIT業界とは違って新鮮で面白いです^^

 

 

オススメ転職サイト

当ブログ厳選の転職エージェントをご紹介します。比較記事もありますので参考になれば嬉しいです。

3つとも登録しましょう。理由→社内SE転職成功の鍵は”複数の転職サイトへ登録”ポイント4つを厳選を参照

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトですが取扱い求人は関東が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーに合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューしました

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~レバテックキャリア~


年間累計3000回以上、企業に足を運ぶのは凄いです。依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいので社内SEという競争率が激しい業界で、書類選考率内定率が高いんですね。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は絶賛されています。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけです。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

 

こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ

僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 

正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。
頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログへ


↑↑
ランキングに参加してます!
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。