社内SE転職エージェントインタビュー

【社内SE転職サイト】エージェントに聞いてわかった11のホント

2018-10-14

社内SE転職エージェントにインタビューTop

社内SEへ転職するためにネットで色々検索していると、

「この情報だけじゃ足りないんだよなぁ、もっと詳しく知りたいのに」ということがありませんか?

たとえば、「ここの転職サイトを利用したら年収があがりました」といった情報だけじゃ信憑性がないですよね。

実際に全体の何%が上がっているのか?

こういった詳しい情報はとても大切だと思います!

そうなるとやはり直接転職エージェントに聞きたいところです。。。

 

そこで今回、僕が代わりに、

社内SE転職エージェントの方にイロイロと聞いてきました!

これで少しでも社内SEへの転職に活用できればと思います。

 

お相手はもちろん、当ブログで利用者多数、且つ、

業界唯一の社内SE求人専門の社内SE転職ナビさんです!

 

具体的にはこういったことを聞いてきました。

  1. 転職者が多い時期は?
  2. 求人数が多い時期は?
  3. 狙い目の転職時期は?
  4. 転職者の希望(年収、残業減、人間関係改善)に合う人は多い?
  5. 年収アップする人は多い?
  6. 面談してから転職先が決まるまでの平均日数は?
  7. 転職するまでの求人応募数は?
  8. 転職に成功(年収、残業減、人間関係改善)した人達の特徴は?
  9. 転職先が決まらない人の特徴は?
  10. SEの働き方に関する問題
  11. 実際に社内SE転職ナビを利用した人の口コミ

たくさん聞きましたので、この記事で全てまとめていきます。

 

もくじ

社内SE転職ナビ

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

自社で腰を落ち着けて仕事がしたい方は【社内SE転職ナビ】へ

上のフレーズは心に残りやすいですよね。

 

それではまず、最初に特徴を聞きました。

 

特徴

社内SE(自社開発エンジニア含む)に特化した社内SE求人専門サイト。

エンジニア専門の人材紹介エージェントとして11年の実績と、

のべ2万名の方にご登録いただいてきた実績があるため、

IT専門のエージェントしては自信を持ってサービス提供をしております。

 

僕が特に凄いと思ったのが、社内SE専門の転職サイトで、事業が成り立っているところです。

社内SEになると、より、経営側に近づくので売り上げとかも、目に入ってきますが、

市場としては大きくないはずなのに、社内SE専門で成り立つということは、

クライアントからの信頼と求人数がうかがえますね。

さらに、、社内SEに転職した後、セミナーなど様々なお役立ちコンテンツを取り揃えていること!

こういった転職後のことも考えてくれているのは、珍しいことだと思いますので、社内SEに転職したら活用していきましょう^ ^

 

それでは、もっと具体的に聞いていきましょう。

 

1.社内SEに転職する人が多い時期は?

社内SEに転職するにあたって、実際に転職者が多い時期はいつなのでしょうか?

この疑問に答えてもらいました!

 

4月入社

1月中旬から2月に転職活動をするそうです。

たしかに4月に入社したいという人は多いと思います。

ある程度の大きい会社に転職する場合、新卒の方たちと同期になりますからね。

個人的には思い立ったら直ぐに行動した方がいいと思います。

 

1月入社

10月から11月に転職活動をするそうです。

冬のボーナスをもらってからという人はやはり多いんですね。

 

8月か9月に入社

5月から6月に転職活動をするそうです。

夏のボーナスをもらってから転職する人も多いですよね。

そのまま夏休みという人は僕の以前にいた会社でも多かったです。

 

2.社内SEの求人が多い時期は?

実際に社内SEに転職しようとしたときに、

「ぜんぜん求人がない」

となるわけにいきません!

1年中、転職活動するわけにいかないので、けっこう重要ですよね。

 

エンジニア系求人はあまり時期問わず

時期は関係ないようです。ただ、人事が新卒受け入れが忙しくなる4月はストップするか、選考が遅くなる傾向があるそうです。

そうか、4月は考えもんですね。

僕は5月に転職活動をして6月に入社しました。

子供が産まれたばかりだったので大変でしたが、社内SEに転職してよかったです。

(これで妻と僕のお互いがお互いを想っているのにケンカになる、という日々から脱出できました)

 

あわせて読んでほしい記事

実際に僕が常駐SEから社内SEに転職した体験談です。

SE・PG(ITSIer)から社内SEに転職して思ったこと

 

3.社内SEに転職する狙い目の時期は?

社内SEに転職するからには、一番知りたいポイントですよね!

論理的(事実に基づいた)に社内SEに転職する効率的な時期ということです。

なぜなら、社内SEという職は人気です。倍率も凄いことになっています。

つまり、ライバルが多すぎるんですね。

この問題を避けるためにも狙い目の時期を知りましょう!

 

10月と2月

10月は新卒が落ち着いてくるので、中途にまた力を入れられるそうです。

もしくは新しい期や下期始まりの企業が多いので、

採用計画を前倒しで達成していきたいという、

企業側の気持ちが高くなる時期だそうです!

 

2月もほぼ同じ理由になっていて、

4月から新卒がくるので、最後の中途採用という雰囲気になり、

若干ハードルが下がるかもしれないそうですよ!

 

4.社内SE転職への希望(年収、残業減、人間関係改善)に合う人は多い?

社内SEに転職したいと思うからには、やりがいなどたくさんあるでしょうが、大きなところで考えると、

社内SEに転職する人の希望はこの3つになると思います。

 

この3つ+勤務環境

やはり転職者の希望は大体この3つに集約されるそうです。

客先常駐の場合は、1つの場所で落ち着いて仕事したい、という勤務環境の希望も大きいようです。

 

確かにそうですよ。僕がシステムエンジニアをやっていた頃、

常駐先の現場が忙しくて、2年くらい会社の人に会わない時もありました。

これじゃあ愛社精神も湧くわけないですよね(^^;

常駐SEという客先に出社する仕組みが良くないですよ、派遣社員と変わりません。

 

5.社内SEへ転職して年収アップする人は多い?

冒頭に話したとおり、社内SEに転職して年収アップする人は多いのか!? 詳しく知りたい大切な部分です!

ここが一番大事な人も多いと思います。

 

全体の65%がアップ

社内の統計上だと約65%ほどの方がアップしているそうです。

思ったより。。。少ない??

これは、社内SEは企業によって年収幅もあって、大手SIにいる方だとダウン傾向にあるからだそうです。

(僕は中小企業のSEだったので年収上がりました)

 

ですが、例えダウンしても残業減や働き方など別の点で魅力を感じて、転職するようです。

 

システムエンジニアの離婚率や鬱病は、ここが関係していると思いませんか?

僕は一緒に組んでいた他社の人が、ある日突然、会社に来なくなったことがあります。

本人もその人の会社も僕自身もお客さんも、そのあと大変なことになりました。。。

 

そこで頑張っても頑張っている姿を、自社の人は誰も見ていないという。。

社内SEに転職して驚いたことに、「ありがとうございます」と言われることが多いんです!

お礼を言われることはシステムエンジニアの頃もありましたが、

実際にシステムを使うユーザーから、

直接お礼を言われる日が来るなんて、

システムエンジニアの頃は夢にも思わなかったですね。

 

6.社内SE転職エージェントと面談してから
転職先が決まるまでの平均日数は?

社内SE転職エージェントと面談してから転職先が決まるまでは、人にもよるのかもしれませんが、

僕は社内SE転職エージェントに、見せてもらった求人の中で即座に決めました。

もちろん一次面接までには、ネット上で調べれるだけの情報全てを確認してます。

即座に決めたこともあって、2社ほどトントン拍子で進みましたね。

 

平均45日~60日

1か月半から2か月くらいだそうです。

ただ離職中の方で1週間~2週間で内定承諾された方もいるとのこと。

 

やっぱり個人差でますよね。

僕は大急ぎで転職したので1か月くらいでした。

(赤ちゃんまだ産まれて1か月くらい)

社内SEは人気なので、しっかり志望動機など差別化していかないと厳しいと思います。

 

あわせて読んでほしい記事

僕が実際に伝えた社内SEの志望動機も載せてますので、ご参考に。

社内SEの志望動機はこうあるべき!企業が喜ぶことは?一番重要なのは誠意ある態度

 

7.社内SEに転職するまでの求人応募数は?

社内SEに転職する人の求人応募数は、時期にもよるでしょうが、出来る限り多く応募した方がいいと思います。

実際にネットで調べてみないとわからないですよ。

あまり興味が湧かない会社でも、色々と調べていると良さそうなところがありました。

 

平均15~20応募

その方が今現職で、どれくらい忙しいかにもよるそうですが、

平均15~20応募はした方が、無駄な工数(何回も一次面接からやり直す)はかからないとのことでした。

 

なるほどやはり多い方がいいですよね!

そもそも書類選考で落ちてしまうことだってあります。

しかも業務内容も、一次面接で実際に上司となる人と直接話した方が具体的です。

 

あわせて読んでほしい記事

僕が実際に試して感じた転職先を見極めるポイントを載せてます。

社内SEの転職先は面接で見極める!ITに前向きな会社の社内SEに転職してSE脱却!

 

8.社内SEへ転職に成功(年収、残業減、人間関係改善)した人達の特徴は?

社内SEに転職して、自分の求めていた状態になれる人はどんな人なのでしょうか。

この人たちの特徴を知り、自分の転職に活かしましょう!

 

コミュ力とITの意識

社内SEは他部署とのコミュニケーションも多いので、

コミュニケーション力が高い方はオファーが出やすいそうです。

また、ある程度(3年~10年)の経験があって、

「バリバリ稼ぎたい!」というよりは「ユーザーの顔が見える」であったり、

「落ち着いてキャリアを形成したい」であったり

「自社の成長にITの力で貢献したい」という志向の方が向いているとのこと。

 

僕もそう思います。

社内SEに転職する前とイメージがだいぶ違いました。

社内SEのスキルとして技術力はそんなにいらないんですよね。

 

あわせて読んでほしい記事

転職して実際に社内SEを体験し、社内SEに必要なスキルが色々わかりました。

社内SEのスキルとは?求められるスキルは?気付き難いが大切なことはアレだった

 

9.社内SEへの転職先が決まらない人の特徴は?

社内SEになかなか採用されないという話をよく聞きます。

社内SEは人気という理由もあるかもしれません。

これだけが理由なのでしょうか?

 

視野を広げてみてる

業界や働き方(残業含めて)、かなり絞って活動すると決まりにくいそうです。

求人が出てくるのもタイミングなので、希望を全て叶えられるというよりは

譲れないものだけ決めて、幅広く見た方が、実は検討には入れてなかったけど

この企業はありだった、ということがあるからとのこと。

 

これは本当にそう思います。

実際に自分で調べたり、面接で会って話すと色々とわかってきますよ!

そして、この会社に転職したい!というときに面接で採用されるように、相手の立場に立って振る舞いましょう。

 

あわせて読んでほしい記事

社内SEに転職するときの面接で、ズレたことを言わないようして、

転職成功をめざしましょう!ということです。

『社内SEに採用されない』のは転職時の面接で言うことがズレてる?

 

10.SEの働き方に関する問題

僕のプロフィールにも書いていますが、僕は毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてました。

なかなか大変でした。 さすがに子供が産まれて直ぐに転職を決意しましたが。

 

ワークライフバランスを獲得したいという声が多い

多くの人は残業を減らすなどのワークライフバランスを獲得したいという声が多く、

社内SEとして転職後、そうした問題は解決されているケースが多いそうです。

企業にもよりけりだったりするので、

逆にシステムエンジニアの方がきっちり残業管理されているケースもあるとのこと。

 

NTT○ータとかは残業禁止という話を聞きますが、

業務量は変わらないからキツイって聞いたことありますけど本当ですかね(--;)

 

個人的には、残業の有無はある程度自分で判断できると素晴らしいと思います。

自分のプライベートの状況にもよりますので、残業して稼ぎたいときもあれば、

早く帰りたい日だってあるでしょう。

僕は毎日、子供と夜遊ぶことにしているので、今年はいまだに残業0です。

 

あわせて読んでほしい記事

システムエンジニアの頃、周りの会社は残業代が出ないのがあたりまえでした。

システムエンジニアが残業代でない理由を真剣に考えたら納得した

 



11.実際に社内SE転職ナビを利用した人の口コミ

やはり何かを買う時やサービスを受ける時に口コミを調べますよね。

僕はだいたいAmazonの口コミを見た後に、楽天で買います笑

それでは実際に社内SE転職ナビを利用した人の声をまとめます!

 

理想の年収・ワークライフバランス・安定経営を実現する病院へ!

転職相談を受けながらコンサルタントから勧められた企業の一つに「病院」が。

正直、病院のエンジニアとして仕事をするイメージが全くなかったのですが

◇年収は確実にアップ◇残業が少なく休日もしっかり取れるなど、様々な魅力を発見。

その結果、無事内定を獲得しました。

職歴

二次請けSI企業のSE → 中規模総合病院の社内SE

 

僕も病院は良さそうだと思っていました。

妻のお兄さんが医者なんですが、紹介されそうになったことがあります笑

僕が思う病院のデメリットは、通勤ですね。

場所にもよりますが、電車通勤に慣れているので車で通勤は厳しいので断りました。

 

「自社内開発でEC領域に挑戦したい」理想を社内SEで叶える!

キャリア面談で私が伝えた要望は

◇自社内の開発で腰を据えて長くキャリアアップできる環境◇

EC領域の開発を上流工程からワンストップで挑戦したいという点。

その結果「社内SE」を提案されて正直全く想定していなかったのですが、今は希望が叶いとても満足しています。

職歴

二次請けSI企業のプログラマ → 大手コンビニエンスチェーン運営企業の社内SE

 

僕も二次請けSI企業でした。

そこから化粧品・健康食品・雑貨などを取り扱う卸会社の社内SEになりました。

化粧品会社の女性はとても美しいですが、

気がめちゃくちゃ強いですので、化粧品関係に転職する場合は、覚悟しておいてください笑

 

海外から日本に戻りたい時にも、気軽に相談できる!

海外在住だったため、日本企業への転職活動ではかなり難航しましたが、

オンライン面談を受けたことで『転職活動で勝つためのアドバイスと業界情報』を得ることができました。

その結果、上場企業子会社の社内SEになり、前職比年収100万円アップを実現しました!

職歴

海外メーカーの自社システム開発 → 上場企業子会社の社内SE

 

社内SE転職ナビさんは凄いことにオンラインで面談ができるんです!

これはかなり画期的です。

 

多忙の中でも昼休みのわずかの時間で、気軽に相談できる!

業務都合で土曜日も出勤があるため、限られた時間でも気軽に相談できるオンライン面談を受けることに。

そこでコンサルタントの方からのアドバイスをきっかけに、

私の希望にマッチした「大手事業会社にて、上流メインで経験を積める社内SE」への転職が実現しました!

職歴

二次請けSIのプログラマ → 大手コンビニエンスチェーン運営企業の社内SE

 

こちらもオンライン面談を利用されています。

転職の一歩目が、手軽にできるようになった時代だと思います。

 

地方⇒東京へ!東京の最新転職事業について気軽に情報収集できる

地方のSI企業にいましたがオープン系技術に挑戦したい思いから「東京で活躍したい!」と思うように。

そこで地方にいながら東京での転職活動をサポートしてくれる、

オンライン面談を利用した結果、私の希望であるオープン系の技術に携われる企業に入社できました!

職歴

SI企業のSE → 会計パッケージ開発メーカーの社内SE

 

地方から東京に来たいという人って、けっこう多いんですよね。

確かに年収も上がるし、将来的に地元に戻るとしても、メリットがたくさんあると思います。

 

さいごに

社内SEに転職するなら、

社内SE求人専門の転職エージェントに聞くべき!と思ったのでインタビューさせてもらいました。

やはり実際の情報と僕のイメージは違いました。

思い立ったら即行動する派の僕としては、転職に狙い目の時期があることに驚きです(*_*)

 

そして会社は大きくても、社内SEの枠はわずかという場合が多く、なかには1名の場合もあります。

うちは100名前後の会社で、社内SEは兼任者を入れて、3名です。

滅多に募集しないので、

社内SEに転職したら本当にご縁がある会社だと思います。

 

求人情報こそ時間制限がある

社内SEの求人というものは、すぐに募集が終わってしまいますので、

社内SE転職エージェントに出来る限りたくさん見せてもらいましょう。

そして、色々と企業に聞いてみると、「ここ良い会社だな」って思ったり、

逆に「期待ハズレだなぁ」ということを僕は経験しました。

 

入社後しばらくしたら、イロイロと頼られます

あなたは、入社したら色んな部門の人に頼られると思います。

僕がそうでした。まわりはITが全く分からない人たちだらけでしたので。。。

たまに社長のiPhoneの設定をしに社長室に呼ばれます笑

 

話はそれましたが、

業務面は、僕のように一気に効率化しちゃいましょう!

そうすることで自分のやりたいことや、キャリアップ、趣味、子育てなど、

何に時間を投資するかは、自分で決めれるんじゃないかと、僕は思います。

 

社内SE転職ナビ公式HPへ

 

こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ

僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 

正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。
頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログへ


↑↑
ランキングに参加してます!
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。