IT・Lifehack

【ミイダス使い方】登録不要で年収診断だけじゃない?他人の○○も【やり方まとめ】

【ミイダス使い方】登録不要で年収診断!便利すぎるので転職前に必ず使っておきたいサービス

自分の市場価値はいくらか?

他人の転職する前の年収と実際に転職した後の年収は?

こういった、知りたいけどわからなかった情報を知れるサービスがあるそうです。

あなたも見かけたことがあるでしょう。

ここでは前から気になってた”ミイダス”を徹底的にレビューします!

登録不要で利用出来るサービスと、

無料登録すると利用出来るサービス

まで使ってみるので参考にしてください!

特に無料登録すると利用出来るサービスは、他人の年収はいくらか?自分の業界の地域・年齢別の年収や転職先の業界までわかってしまうんです。

この登録が完了すると自動的にオファーもきます。このオファーが金色だった場合、、、

今の自分の年収よりも高いんです!

僕は実際に登録までしました。

まず、使ってみた感想としては、スパムメールのように大量にメールが来ないことに感動しました!

他の大手転職サイトは酷いところもあるので。

 

なにより、転職するときに内定をもらうと年収がわかるじゃないですか?

このときに自分の感覚だけで判断することになります。

これが、事前に市場価値がわかってるのと、わかってないのでは全然違います!

市場価値ってかなり大事です!

業界によって平均年収が違うのは当たり前ですが、自分と同じスキル、年齢、地域、業界で年収いくらなのか?

これを知れるのが他にはない独自のサービスです!

とはいっても「登録不要で利用できるサービス」の話なんて、みんな知ってますよね?そうではなく、無料登録すると利用出来るサービスまでまとめます!

ミイダス公式へ

”ミイダス”とは?

そもそも”ミイダス”を知らない方のためにまとめておきます。

 

サービス概要

200万人の年収データと7万人の転職実績データから貴方の市場価値を見出してくれるサービスです。

 

運営会社

DODA(デューダ)のパーソルキャリア株式会社です。

非公開求人、転職エージェントを世に広めたサービスの1つですね。

だから膨大なデータがあるんですね。

現在はミイダス株式会社になりました!

大盛況ですね~^^

 

”ミイダス”のポイント

”ミイダス”にはポイントが9つあります。

 

  1. たったの5分で、優良企業10,000社にあなたの経歴を公開
  2. 登録完了後すぐに書類選考合格済みオファーが届く
  3. あなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる
  4. 実はあなたに関心を持っている企業が直ぐにわかる
  5. 「条件付き応募」や「条件付きフォロー」が便利!
  6. 希望条件に合致したオファーのみ通知できる
  7. 万全のセキュリティ対策をしているから安心して使える
  8. 7万人の転職事例を見ることができる
  9. 日経バリューサーチの業界レポートを読める

 

直ぐわかる!登録不要で自分の年収調査

それでは実際に進めてみましょう。スマホ・PCどちらでも可能です。

僕はスマホでやってみました!

ミイダス公式へ

まずは上のリンクから”ミイダス”へアクセスします。

 

画面下の「自分の市場価値を調べてみる」をクリック!

ミイダスにプロフィールを設定する ミイダスに性別を設定する

画面上に年収や企業の情報が出てきましたね。

”ミイダス”では回答しながらリアルタイムで年収がわかるということかな?

ミイダスに生年月日を入力する ミイダスに自分の得意な言語を設定する

いきなり年収と選択に合致した企業が!

これはもしかして未経験OKの企業ということかな?

それにしてもいきなり年収高いですね!

ミイダスにお住いの地域を設定する

ここで一気に年収が変わりそうですね。

ってか、これを住んでる地域を入れる前の企業は全国展開してる企業でしょうかね?

ミイダスに最終学歴を設定する

おぉ、さらにアップ!こりゃ東京を入れたら相当あがるかもしれませんね!

ミイダスに最終学歴の卒業年を設定する ミイダスに離職期間が6か月以上あるか設定する

ここらへんは大きく影響しそうですね。

僕は6か月以上の離職経験はありません。

ミイダスに今までの転職回数を設定する

今までの転職回数を設定すると大きく年収に影響でそうです。

ミイダスに直近の職歴を設定する

ここらへんも調査対象になるんですね!

ミイダスに現在の就業状況を設定する

経験社数4回でしたが数万円落ちましたね。

ミイダスに直近の会社の入社年月を設定する ミイダスに就職先会社名を入力する

ここが大手だったら相当上がるんでしょう。

まぁ僕は中小企業なので変化はなさそうです。

ここは手入力しましょう。

ここまでやってみて、全体的に手入力が全然ないので楽ですね!

確かに5分で終わるわけだ。

 

ミイダス公式へ

 

ミイダスに業界を設定する ミイダスに直近の会社の従業員数を設定する

ついに、面接確約オファーがきましたね!

ミイダスに会社での雇用形態を設定する ミイダスに役職を設定する

正社員だと年収が変わるのか。。そうかそうか。

ミイダスに年収を設定する ミイダスにスキルを設定する

スキル情報がもっともと市場価値に影響を与えるそうですね。

僕は技術屋なので楽しみです!

ここらへんは少しスキップします。

ミイダスに語学力や資格などのスキルを設定する ミイダスにExcelスキルを設定する

やっぱりSEって市場価値って高いんだな~ 既に695万円って凄すぎる。

エクセルのスキルはあまりないけど、大丈夫かな。

ミイダスに車の免許の有無を設定する

これ、業種によっては大きな変化がありそうですね。

ミイダスに保有してる資格を設定する ミイダスの市場調査結果

これは凄い!! 695万円に! 凄いテンション上がりますね!

ここまで登録なしで出来るのが凄い!

この後、登録してわかりましたが自分が現在、転職活動してるか、してないか、市場調査をしただけか、などを登録中に流れるように設定できます。

ここらへんも安心できるポイントだと思いました。

ミイダス公式へ

”ミイダス”に登録

中身がどうだったのか登録してみます。

ミイダスに登録した後の初期画面

ログインすると上の画面になりますね。

左上のメニューを押してみましょう。

ミイダスサイドメニューを表示するミイダスサイドメニュー2

このサイドメニューの中から「オファーに返信する」「希望条件内」を開きます。

会社名が表示されちゃうので画像は控えますが、様々なオファーが見れます。

ここで最大のポイントは見ればわかりますが、10件に1件くらい(人による?)で金色のオファーがあります!

これが年収アップ確定のオファーです!

凄い! これは嬉しいですね!

 

”ミイダス”注意点

逆にめちゃくちゃ年収が低いものもありました。

登録後に設定で希望の年収に変更しましょう。

 

”ミイダス”ここまでのまとめ

ここのサービスは「待つ転職」を押してるので、事前に市場価値を診断するついでに登録しておくと思わぬオファーが来るかもしれません。

サクっと市場価値を診断できる”ミイダス”は面白いと思います。

僕はSEなので、色々と経験を設定するとこんなに年収が上がってしまいました。

ほんの少ししか経験がないスキルも、”○年以上”みたいに設定しちゃったので実際にはもっと下がるでしょう!

僕は他人の年収を調べれるサービスなんて知らなかったので使ってよかったです。

少な時時間の中で転職活動ってするものなので効率よく転職しましょう〜

 

次は「転職データを見る」の項目から、実際に転職する前の年収と転職した後の年収に地域など、画像付きで検証したいと思います!

画像が多くなってきましたが、どんどん行きましょう!

年収データ

さっそく確認してきます。

もしかしたら、以下の情報はブログで公開しちゃいけないのかもしれません。

登録しないと見れないページなので。

一応ここでは人が少ないであろう「社内情報システム」を参考に画像をアップします。

※問題がある場合は公開を止めますので問い合わせいただければと思います

 

前回の最後に話した「転職データをみる」をクリックしましょう。

ミイダスサイドメニューを表示するミイダスサイドメニュー2

そうすると下の画面になります。

ミイダスの年収データを見る

僕は社内SEなので「社内情報システム」を選択してみます。

ミイダスの社内SEの平均年収

おぉ!平均年収高い!僕の年収よりも。。。

ミイダスの社内SEの年収の割合

割合を見ると1000万以上という強者がいますね。

400万以上が一般的でしょうから想定内でしたが、600万以上がけっこう多くて驚きです。

ミイダスの社内SEの年齢の割合

年齢的には時代の傾向なのか若い世代が増えてってますね。

経営にIT系の人間が必要なことに気付いてる人は多いです。

あなたの会社の経営層がIT目線で検証せずに、精神論を掲げてきたならば、直ぐに転職しましょう!(時代遅れの会社です)

ミイダスの社内SEの業種の割合

「IT/通信」がこんなに多いんですね!予想外でした!

自分の想像と全然違います。

年収のときも思いましたが、実際に市場の情報を知れるのは面白いですね。

ミイダスの社内SEの居住地の割合

ここは予想通りですね!関東が多いと思ってました。

ミイダスの社内SEの企業規模の割合

100人未満が多いところを見ると、やはり中小企業でもIT系に人材を投入してる企業が多いんですね!

他にも性別、学歴、などがありました。

次に年代別の平均年収推移があったので見てみます!

ミイダスの社内SEの年代別推移

スマホだと肝心の年代の文字が重なってて見えにくいですね。

ブログ書いてて気付きましたが、横向きにすれば見れます!

平均年収が高すぎてちょっと悲しいですが、上には上がいるということで転職がんばりましょう。

ミイダス公式へ

転職前のデータ

次に転職する前のデータの実績を見ていきましょう。

ミイダスの社内SEの転職前のデータ

職種は「社内情報システム」を選択します。

他にも業種、年収、居住地、企業規模を設定できます。

ミイダスの社内SEの転職前の年収データ

画像は年収だけピックアップしましたが、他にも「年収データをみる」の時と同じようにたくさんあって、目を引いたポイントは「職種」です!

僕の選択した設定だと、「社内情報システム」に転職する前の人の職種が見れます!

やはりSE・PGが50%以上でした。

これって僕のようなSEに限らず、どの職種、どの業界の人でも見たら参考になると思いますので必ず見てみてください!

 

ちなみに今やってみました。

営業のメディカル系という、僕はまったくわからない職種ですが、試してみると意外にもIT系の人が7%もいます。

これ色んな業界のを見るのがおもしろくなってきますね。

とても参考になりますよ!

未経験の業界に転職する人いますよね?

(僕は営業からSEへ転職した過去あり)

そういう目線でもとても”ミイダス”は参考になりますね!

 

転職後のデータ

転職した後のデータの実績を見ていきましょう。

ミイダスの社内SEの転職後のデータ

職種は「社内情報システム」を選択します。

他にも業種、年収、居住地、企業規模、性別、学歴、年齢を設定できます。

ミイダスの社内SEの転職後の年収データ

先ほどの転職前の母フォート比べると、400~599が減り、600~799が増えてますね。

そしてなぜか1000が消えました。

ハードすぎて年収が減らしてでも転職したのでしょうか。

先ほども話した職種が面白いですね!

クリックすると実際にどの職業に転職したか細かく見れますので活用できそう!

業種もメーカーでも、どういうメーカーかわかるし、それらで職種はどれか?

みたいな。

たとえば自分が家電メーカーの社内SEで、転職先は食品メーカーやハードウェアメーカーのSEや社内SEの人が何%いるのか、など。

 

転職キャリアアップを見出す

転職してキャリアアップを考える時の指標、として使えることがわかりますね。

実際に自分と同じ業界で職種も同じ、地域や年齢に年収も同じような人の転職した実績が知れるのはとても大きいです。

こういったサービスは他にあるでしょうか?

無料会員登録すると、ここまで知れるのは便利ですし、なんだか心強いと思います。

自分の考えてるキャリアプランが、成功するのか、実際にその方向に向かった人はいるのか?

そういった疑問点に解決していけるサービスが、”ミイダス”の特徴と言えるのかもしれません。

ミイダス公式へ

コンピテンシー診断がミイダスでできるようになった

最近は、コンピテンシー診断もミイダスでできるようになりましたね!

企業の採用担当者のためだけではありません。働く人のためにもあります。

一流大学を出たからといって、仕事がバリバリできるわけではないのはあたりまえですが、コンピテンシーとは能力や、有能性という意味です。

コンピテンシー診断とは、その人の、「思考性や行動特性」をとらえて、優秀な人と同じような特性などの性質をもつ人材を採用するために使われます。

これは、、、なかなか凄いですよね!

ぜひとも僕と同じような人を、、、、ってなるのかもしれません!(爆)

ミイダスさんの方では、以下のように書かれてました!

コンピテンシー診断によってわかるのは、次のようなことです。

  • 採用試験の応募者が自社の業務で高いパフォーマンスをする行動特性を持っているか
  • ある新入社員がもっとも力を発揮できる部署はどこか(職務適性)
  • その人がもともと持っているパーソナリティにはどんな特徴があるのか
  • 会社組織に必ずある上下関係にどのように適応するキャラクターか(どんなタイプの上司や部下になるか)
  • どんなことにストレスを感じやすい資質の持ち主なのか

コンピテンシー診断で何がわかる?

逆に言えば、求職者にとって「自分にあった仕事」かわかりやすくなるのではないでしょうか?

社内で優秀な人と同じような特性があるかわかるということは、「結果がでやすい仕事になる」と思います。ってことは、「自分にあった仕事が見つけやすくなる」のかもしれませんね!

 

”ミイダス”登録後のまとめ

自分の市場価値や他人の市場価値を調べたら、「希望条件を追加・変更する」「検討可能最低年収」を設定しておきましょう。

僕もこれで年収アップのオファーを待ってみようかな。

他人の成功事例が参考になるので、そこを目指してオファーを待ちつつ、非公開求人を探すために他の転職サイトも使う、これが正しい転職の仕方だと思います!

情報の入り口は複数持つべきです。

 

あと面白かったのが、企業に検索された回数を見れるところ!

仕事帰りに開いてたら895回も検索されてました!

嬉しい!

 

最初の記事でも話しましたが、なにより転職するときに、内定をもらうときの年収を自分の感覚だけで判断しなくてよくなるのが素晴らしいです。

事前に市場価値がわかってると何だか安心しますね。

市場価値って大事です!

自分と同じスキル、年齢、地域、業界で年収いくらなのか?

転職前の年収から転職した後どうなったのか?

これを知れるのが他にはない独自のサービスですね~

ミイダス公式へ

▼このブログは僕の体験談です▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますので、なぜ僕がSEから社内SEに転職したのか?は僕の転職体験談を読んでもらえるとわかりやすいです^^

僕の転職体験談へ

社内SEの仕事内容一覧へ

社内SE夫婦で子育てブロガー
アキクボ
こんにちは~ IN4U-SEから社内SEに転職してイロイロ楽しくなってきたブログを運営してる アキクボ です!

こんど書籍を出版します!
歴史ある出版社さまからお声が...ただいま執筆中です!!
社内SEの仕事術というか働き方に関する本になります~^^

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業の夫婦で子育てブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ


僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。
何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 


正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ


↑ ランキングに参加してます! ↑
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。

\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA