社内SE転職記事の一覧

転職を繰り返すSEの末路。そう僕です解決する方法を試しました


SEを7年して色んなプロジェクトで他社へ常駐し、色んなシステム会社の人と仲良くなりましたが、やはり僕のように何度も転職を繰り返してしまう人が多かったです。

社内でも同じような人がたくさんいました。

僕が最初に入社したシステム会社は、社員が50人ほどでしたが、僕が辞める時には20人になっていました。

このように書くと、「30人も辞めたのかぁ」と思うかもしれませんが、それは誤りです。

随時、中途入社で採用される人 + 新卒で採用される人がいました。

正直、60人は辞めたのではないかと思います。

 

これっておかしくないですか? この話をした時みんな笑っていましたが ”本心” では笑ってなかったと思います。

きっと今頃みんな転職してるでしょう。

 

そんな僕が転職を繰り返さなくなった方法があります。

それは一般的な年収を上げる方法と一緒で「軸をずらした転職」です。

 

転職を繰り返すIT業界の風潮

僕は悪いことだとは思いませんね。

みんなが辞めていくのを見ていると寂しい気もしますが、僕はほとんど一人で他社へ常駐することが多かったですので寂しいとは思いませんでした。

ただし「いつまでもこういう風に働いてられないなぁ」と思ってました。

 

忙しいと自分の気持ちがわからなくなる

しかも、常駐SEだったので一人で頑張ってても上司は知らないわけですし。。。

(僕のアピール力が足りないのもある。。。)

ネガティブな気持ちになっていても仕方がないので、毎日を全力で走るしかなかったですね。

 

それでも、やはりボーナスや昇給の時は気持ちが落ちました。。

しかもデスマーチの後だと、シンドイなんでもんじゃなかったですね。

 

他社で一緒に仕事してる人も同じ状況だから休みなしで働いてても、みんなでやってる感というか連帯感は生まれますね。

そんなこんなで仲良くなる人が多かったです。

 

自分はどうしたいのか?がやはり重要

だからけっこうな確立で「うちの会社にこない?」と誘われました。

これ自体は職業上、仕方がないと思いますし、みんなこうやって転職する人もいれば、転職サイトを使って転職してる人もいました。

中にはそのままクライアント先に行く人もいました。

(メーカーなど)

 

僕は会社を辞めることは悪いことではないと思います。

自分が納得いかなければ辞めるべきです。

ダラダラと今の仕事を続けて流されるのではなく、自分の信念を持って行動すべきです。

 

 

同業他社に転職を繰り返した末路は?

転職する毎に年収は上がっていくと思いますが、やはりまた辞めてしまう人が多いですね。

もうこの業界は「転職が年収を上げる方法なんだ!」と割り切ってしまうのもいいかもしれません。。。

しかし、同業他社への転職はスズメの涙程度の年収アップなので、全然問題は解決されてないんですよね。

 

辞める理由は様々なのかもしれませんが、一貫性はあると思います。

最初の話しかり、ストレス、休日のなさ、時間が圧倒的に足りないです。

別の業界にいる友達は、合コンや恋人や家族と、楽しく大忙しですからね。。。

しかも転職を決めた時は、たいてい疲れきっていて、正常な判断が出来ず、今より楽になればもういいやーって感じでナァナァになりがちです。

ここでいったん、冷静になってデスマーチほどではなくとも、頑張る時です!

 

転職を繰り返すSEの成功事例

常に何かに追われるのではなく、

「何のために」「なにを」「するのか」

 

さっさと終わらすためだけに仕事をするわけではなく、一つ一つ冷静に考えながら仕事をしたいです。

 

僕はもうすぐ社内SEになって3年になります。

最初は1つ一つを大急ぎでしてましたが、今では冷静に一つ一つ作業をしています。

これはとても大きい違いです。

 

他の業界へ心機一転いく人生もアリだと思いますが、今まで培ってきた技術・経験はとても重要です。

社内SEとして働く人の中にはITSIer会社で働いた経験がある人はあまりいません。

 

 

これはとても有利であり、差別化できます。これを活かさない手はありません。

ただ、残念なことに社内SEという職はあまり公開求人がありません。

たいていは非公開求人です。

僕はネットで探してるとあまりにも求人が少ないことに驚きました。

 

繰り返すSEの転職を最後にする方法

次こそが、最後の転職にするためにも社内SEという選択肢がいいと実際に経験して思いました。

最近、一時的にシステム要員を増やすために、派遣会社に連絡をして人員を探したのですが、驚くことに若い人は少なく、40代以上の方が多かったです。

これはシステムエンジニアの35歳説定年説は本当なのか!?と思ってしまいました。

 

あっという間に30代になりますし、僕が社内SEになったのも30歳のときで31歳になる少し前でした。

だからこそ早めに行動するべきです!

 

社内SEの求人サイトは、非公開求人を知るためにアドバイザーと個別相談する必要があります。

僕は初体験でしたが、たくさんの情報を用意してもらえて嬉しかったです。

はっきりいって色んな業界があります。

 

将来性もろもろアドバイザーと相談しながら決めていけばいいと思います。

僕は安定してるところを選びました。

システム会社はベンチャー企業が多いので、社内SEを雇う会社の規模とは温度差の違いは凄いですがけっこう居心地よくて楽しいですよ~

 

僕は一人で休日出勤してる時に、転職サイトをひたすら探し続け、途中で諦めて社内SE用の転職サイトに登録し、アドバイザーと話して、一か月以内に転職先が決まりました。

月の途中からは ”次に向かってる” 感じが凄くてなんだか嬉しくて楽しみになってました。

 

今の仕事を頑張ってデスマーチを片づけてる労力を少し別の方向に向けるだけで、日々の景色は変わると思います!

 

あわせて読んでほしい記事

社内SEの転職に関連することを纏めました
社内SEの「やりがい」と「苦労」からみる『魅力』をすべて公開!

▼このブログは僕の体験談です▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますので、なぜ僕がSEから社内SEに転職したのか?は僕の転職体験談を読んでもらえるとわかりやすいです^^

僕の転職体験談へ

社内SEの仕事内容一覧へ

社内SE夫婦で子育てブロガー
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業の夫婦で子育てブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ


僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。
何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 


正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ


↑ ランキングに参加してます! ↑
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA