社内SEの仕事内容

社内SEの役割を知らなきゃヤバイ?会社によってこんなに違う!

社内SEの役割
SE
SE

社内SEってどんな役割なんだろう?

アキクボ
アキクボ

僕も経験するまで曖昧でした

ですが社内SEの本質といいますか、役割を理解して転職すれば

あなたは「上司からの評価はバツグン」で社内SEをスタートできますよ^^

僕は社内SEの役割として大部分を占めるのは「インフラの維持」だと思っています。なぜなら会社が社内SEを抱える大きなメリットだからです。(外注すると高額)

IT企画やIT戦略室などは、インフラを強化した後のお話でしょう。インフラはお金がかかる部分なので、大企業以外は社内SEの本質として「インフラの維持」で正しいかと。

もちろんそれ以外にも、仕事内容は会社や業種によって変わるので、あなたが社内SEに転職した際に上司から

上司
上司

君は社内SE初めてなのに何故わかるんだ!?

しっかりしてるね~

アキクボ
アキクボ

ってくらい

様々な視点から社内SEの役割に関することをまとめていきます^^

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

社内SEの役割は立場によって変わる

最初、僕が社内SEに転職したときはあまり考えてなかったので、社内SEに転職する前のイメージとはだいぶ違いました。

恐らく、あなたが考えている社内SEのイメージと少し違うかも?しれません。

ここは凄く大事で、会社が社内SEに求める役割社員が社内SEに求める役割は違うんです。

社内SEという職は、どちらかと言うと会社側(経営層)に近い部署です。

あなたが経営層の考えを知っておくと、社内SEに転職する前の面接でも、採用された後でも役立つ知識だと思います。

 

経験してわかった社内SEの役割

社内SEの役割(転職後の実体験)

社内SEは「ユーザーが顧客になる」という事実があって、客先常駐SEとは特に勝手が違います。何より忘れてはならないのはあくまで社内SEは経営層に近いというか、経営的視点も問われます。

例えば「そのシステム開発をして売上が上がるのか?」という考えが経営的視点ですね。

この考えを念頭に置かずに、社員の要望をすべてシステム化していくと赤字に、、、。^^;(システム開発はお金がかかるので)

 

転職前にイメージしてた社内SEの役割

社内SEの役割は会社によって定義は異なりますが、僕の会社では以下でした。(会社によっては総務や経理と同じ仕事をするそうです)

だいぶSEの延長線上だと思っていましたね~。

想像してた社内SEの役割

自社の基幹システムの開発・保守

今までは開発ベンダーの立場だったので、今後は自分の会社の基幹システムに関する改善要望や要件定義をし、部門ごとに使いやすくしたり、バグの改修などをすると思ってました。

自社製品の売上分析・傾向調査

DBに蓄積された売上データから、どんな人が買ってるか、年齢層、職業、季節、などを調べたり、簡単に分析できるシステムを構築するなどをイメージしてました。

 

自社の基幹システムの開発・保守

普段はほぼ基幹システムに関わらないですね。

システム開発は下請けの開発ベンダーが行うことが多いですが、要件定義も稀にあります。

しかも、消費税が変わったりする法令対応がなかなか大変です!

自社の基幹システムが、他社製品のパッケージならバージョンアップだけで済みますが、スクラッチで開発された基幹システムだと対応箇所は多くなり、ベンダーが開発したものを検証するのも大変なんですよね。

要望が社員から来ますが、ヒアリング段階である程度の線引きをしましょう。「本当に効果があるのか?」を考えることが大切です。

 

基幹システムの不具合対応

データの整合性が取れなくなったり、商品の仕様を変えたことでおかしくなったり、けっこう様々なことが起きます。

よくある話ですが、うちの会社は基幹システムの構築に失敗してるので、ずっと使いにくい基幹システムのままで運用するしかないようです。

更にデータの入力ミスがあったりすると、DBを直接修正することになり、伝票(売掛・買掛・受注・出荷など)を削除して入力し直してもらったりもありますよ。

ちなみに僕は上記の「伝票」は、今までのSEの頃に全く関わったことがない言葉でした。なので「これは何についての話なんだ。。。」と思いましたが、直ぐに慣れます。笑

 

自社製品の売上分析・傾向調査

これは営業や商品開発の人たちが自分達でやってます。社内SEはメイン事業に携わることがあまりないので詳しい人もおらず、ほとんど外野です。

たまにBIツール(分析用)の使い方やBIツールで出来ないことを、社内SEが代わりにDBからSQLで抽出して調べてあげます。それをエクセルに貼りつけてメールで送るとかですね。

つまり、売上分析ができるツール(インフラ)を用意するのが、社内SEの役割でもあります。

 

インフラ

客先常駐SEをしてた頃は、全くインフラに関わることがなかったので、最初はついていけなかったですが、社内SEがやることはシンプルで、電子機器をエクセルにまとめてるだけでした。

社員の端末やサーバ、ネットワーク、電話の管理をしますが意外に端末の管理が大変です。購入からセットアップも大変ですが、どちらかと言うと機器の管理のほうが大変かなぁ。
すべての端末の仕様から購入年月日、どこの部門の誰が使っているかなど。

専用のソフトを入れれば解決しますが、なかなか高いんですよね。(そろそろ買っちゃおうかな。役員に聞いてみます!笑)
なので今のところ人力で対応してます。笑(絶対に稟議を通してみせる^^/)

電話やネットワークは別の業者に依頼しているので何かあったら問い合わせればいいです。
改善案なども聞けば提示してくれますので、判断しやすいです。

どういうことをしたいかさえ、抑えておけば大分やりやすいですね。こういった会社が多いと思います。

ヘルプデスク

各社員から様々な問い合わせがあって、ヘルプデスクで一日が終わってしまうこともあります。笑(特にWindowsUpdateに問題があるとき、、。追記-今では効率化して更に時間に余裕が出てきました^^)

でも時間的なスケジュールがあるわけでもないし、スケジュールを決めても整合性は誰もわからないので自分自身の間隔で決めれることが多いです!笑
PCトラブル関連から、エクセル関連にメールにプリンターなど、社員数は、100人ほどですが月に100件は来ます。。笑

それに個人的な問い合わせも来ますね~。(スマホやPC購入相談など)

よく社員からは、こういうことは学校で教わるんですか?」と聞かれますが、SEやってた人なら大体わかるような内容が多いし、わからなければGoogle先生が教えてくれるので大丈夫です!笑
SE・PG時代は開発中にわからないことは、大体すべてGoogle先生が教えてくれたので慣れてますね~。笑

 

PCキッティング

新たに社員が増えたらPCをセットアップしますが、もちろん買うところからです。

年度末だと大量に買うため販社に見積もり依頼をして、稟議書を書くのですが、僕はSIerの頃に稟議書や経費伺い書を書いた経験がなかったので、なかなか慣れるまで大変でした(・_・;

むしろ、社内SEに転職して1番大変だったのは、稟議書ですね。正しい日本語がわかりません(O_O)

あと、PCを数台しか買わないときは楽天で買ってしまいます。その方が安くて早いし、販社側も少額すぎる取り引きは望んでませんので。(案外このポイントで凄いことに。笑)

 

あわせて読んでほしい記事

中小企業や大企業に自社製品開発の社内SEなど、社内SEのスキルについてまとめました。

社内SEのスキルを「中小企業」「大企業」「自社開発SE」で解説

 

会社にとっての社内SEの役割

社内SEの役割(会社にとってのメリット)

会社にとっての社内SEの役割はいくつかありますが、大きなポイントとして2つ説明します。これがあるから会社は社内SEを採用するんですよね!

 

やはりインフラの運用は外せない

社内SEを会社が採用する最大のメリットになりますが、BCP(事業継続計画)の際にとても重要で、緊急事態が発生した時に会社が事業を継続できるか?に関わってきます。

みんなの仕事が止まったら大変なことになりますもんね。SEの経験がない人だと、メーカーから話を聞いてもチンプンカンプンでしょう。

ネットワークやサーバーを、どのランクにするか?サーバーのHDDが故障した場合は?こういったときに迅速に対応し、事業を継続させる。

これを事前に対策しておき、実際に実行できる部隊が必要なんです。そう、社内SEでなければどれも厳しいですよね。(知識0でしたが)

僕はここら辺の知識がまったくなかったので、ネットで調べたり、メーカーを呼んで話を聞きました。メーカーも何社か呼んだので、みんな自社製品について細かくの説明してくれます。

 

超重要な情報漏えい対策

驚くかもしれませんが、実際に働いている社員で情報を他社に流出させてキックバックを貰う人がいますまた、無意識に情報漏えいさせてしまう人もいます。

こういったことをさせないために、ソフトでセキュリティ対策したり、運用で会社が定めたUSBメモリーのみ使用させる、といった対策が必要になってきます。

あなたが社内SEになったときのために、事前に上記のことを知っておけば、会社にとっても嬉しいことだと思います。(実際に僕は転職の面接の時に相談されました)

 

 

社員にとっての社内SEの役割

今度は社員側からの目線で社内SEの役割を見てみましょう。

会社側の考えとは全然違う方向に向いてしまうので、ある意味驚くかもしれません。

社員にとっては、システムに詳しい人というイメージになるので、なんでも聞けば解決してくれる便利屋さんだと思われます。笑

様々なジャンルについて聞かれるので

「いやいやそんなん知らないよ」

っていう質問とかも飛んできます。笑

「IT系の人なら知ってるでしょ?」的な友達に言われそうな質問もある、ということを覚えておきましょう。

とは、言ってもこの辺は未来を見据えたコミュニケーションとして、ある程度は解決してあげると、簡単に信頼を築けますので「困ったときはお互い様」ということで、色んな部署に色んな種をまいておく。この感覚が退治です。

最新のiPhoneの機種について聞かれるときもありましたね。最新情報をある程度チェックしておくとスマートだと思います。

 

社内SEには様々な仕事がある

驚くほど多岐に渡る仕事があります。かなり雑用も多いですが、SE・PG時代のように納期が迫ってくることは滅多にありません。

どちらかというと、残業をしないでほしいと経営層の方々は考えてるようで、かなり気楽といえば気楽です。(バックアップ部門が残業しても会社の売上は変わらないから)

じっくりと一つ一つ片づけてくことが出来ますし、拘ろうと思えばどこまでも拘りつづけることが出来ます。ただし、拘って拘りぬいて作ったものよりも簡単なPCトラブルのほうが

スゴーイ!!

と言われたりするのは、社内SEの寂しいところではあります。笑

(ちなみにですが、雑用部分を効率化したら2018年は残業0でした!)

 

 

社内SEに向いている人

これは会社にもよるのでしょうが、社内SEはコミュニケーション能力はあったほうがいいです。

社内SEは調整や説明が多いので、最低限の話す力というか、伝えようとする意志があればいいと思います!相手はシステムがわからない人がほとんどなので。。。(経営層を含め)

 

中小企業なら社内SEに裁量権がある

中小企業なら会社にはITに詳しい人が全然いないので、だいぶ自分のやりたいようにできます。これはある意味凄いことで、主体的に動くとどんどん自分のやりたい環境になっていきます。笑

「気分転換に外出したいなぁ」

と思ったら、外部のセミナーに行くか、出張にもいけちゃいますし。(それなりの理由をつけます)

 

大企業は分業化が進んでいる

大企業の社内SEは人数の問題もありますので、ひたすら分業化が進んでいます。

例えば、機器まわりは「資産管理部門」、BIツール選定などの業務改善は「IT企画」、システム開発も違う部署(外部ベンダーとの折衝)が行うので、これは便利と言えば便利ですが、個人的には「自分でイロイロとやりたい」と思ってしまうところがあるんですよね。

 

 

社内SEであったら便利な資格

実際に社内SEを体験してわかった資格や、最近社内SEの採用(社内SE募集中)もしてるため目に止まる資格をまとめますね^^

 

基本情報技術者

ITエンジニアとしての不動の人気を誇る基本情報技術者ですが、やはり社内SEでも必要だと思いますし、たとえプログラミング経験がない人でも、この資格をもっていると「他の人とは違う」と感じます。

基本戦略立案又はITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、上位者の指導の下に、次のいずれかの役割を果たす。

(1) 需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略立案に参加する。
(2) システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスの実現に貢献する。

基本情報技術者の業務と役割

 

ITパスポート

基本情報技術者と同じ出題範囲ですが、難易度は低くなります。しかし、ITパスポートを持っているだけでも全然違いますね!

職業人として備えておくべき、情報技術に関する共通的な基礎知識を習得した者であり、担当する業務に対して情報技術を活用し、次の活動を行う。

(1) 利用する情報機器及びシステムを把握し、活用する。
(2) 担当業務を理解し、その業務における問題の把握及び必要な解決を図る。
(3) 安全に情報の収集や活用を行う。
(4) 上位者の指導の下、業務の分析やシステム化の支援を行う。
(5) 担当業務において、新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の活用を推進する。

ITパスポートの業務と役割

 

ネットワークスペシャリスト

社内SEの本質である「インフラの強化」とそのまま直結しますね。僕はネットワークの知識0ですので、普段の社内SEの業務の中で少し学びました。

ネットワークスペシャリストを持っている方が、求人に応募してきたらさすがに目を引きます。下手したらネットワークの保守会社との契約を解除してもいいかもしれないので、それだけで本来の採用する枠を広げてでも内定をだしたいです!

ネットワークシステムを企画・要件定義・開発・運用・保守する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。

(1) ネットワーク管理者として、情報システム基盤であるネットワーク資源を管理する。
(2) ネットワークシステムに対する要求を分析し、効率性・信頼性・安全性を考慮した企画・要件定義・開発・運用・保守を行う。
(3) 情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、ネットワーク関連の技術支援を行う。

ネットワークスペシャリストの業務と役割

 

情報セキュリティマネジメント

今の時代、セキュリティはかかせません。僕が社内SEに転職したころはセキュリティを気にし始めていた頃でした。

そのため、いま社内SEに転職するなら凄いアピールポイントになること間違いなしです!

情報セキュリティマネジメントも本来の採用する枠を広げてでも内定をだしたいですね。

情報システムの利用部門において情報セキュリティが確保された状況を実現し、維持・改善するために、次の業務と役割を果たす。

(1) 部門における情報資産の情報セキュリティを維持するために必要な業務を遂行する。
(2) 部門の情報資産を特定し、情報セキュリティリスクアセスメントを行い、リスク対応策をまとめる。
(3) 部門の情報資産に関する情報セキュリティ対策及び情報セキュリティ継続の要求事項を明確にする。
(4) 情報システムの調達に際して、利用部門として必要となる情報セキュリティ要求事項を明確にする。また、業務の外部委託に際して、情報セキュリティ対策の要求事項を契約で明確化し、その実施状況を確認する。
(5) 部門における情報セキュリティを確実に運用する。
(6) 部門のメンバの情報セキュリティ意識、コンプライアンスを向上させ、内部不正などの情報セキュリティインシデントの発生を未然に防止する。
(7) 情報セキュリティインシデントの発生又はそのおそれがあるときに、情報セキュリティ諸規程、法令・ガイドライン・規格などに基づいて、適切に対処する。

情報セキュリティマネジメントの業務と役割

 

プロジェクトマネージャ

システムエンジニアが管理職になる過程で、会社からオススメされるのがプロジェクトマネージャですね。この資格はもちろん社内SEでも活かせますが、大企業で働く人向けだと思います。

正直、中小企業でプロジェクトマネージャを保有してる方が来られても、ちょっと持て余してしまいます。

同じようなキャリアの方が求人に応募してくれたら、そりゃ資格がある方が嬉しいですけども。

情報システム又は組込みシステムのシステム開発プロジェクトの責任者として、当該プロジェクトを計画、実行、管理する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。

(1) 必要に応じて個別システム化構想・計画の策定を支援し、策定された個別システム化構想・計画に基づいて、当該プロジェクトの実行計画をプロジェクト全体計画として作成する。
(2) 必要となる要員や資源を確保し、プロジェクト組織を定義する。
(3) 予算、工程、品質などを管理し、プロジェクトを円滑に運営する。進捗状況を把握し、問題や将来見込まれる課題を早期に把握・認識し、適切な対策・対応を実施することによって、プロジェクトの目標を達成する。
(4) プロジェクトのステークホルダに、適宜、プロジェクト全体計画、進捗状況、課題と対応策などを報告し、支援・協力を得て、プロジェクトを円滑に運営する。
(5) プロジェクトフェーズの区切り及び全体の終了時、又は必要に応じて適宜、プロジェクトの計画と実績を分析・評価し、プロジェクトのその後の運営に反映するとともに、ほかのプロジェクトの参考に資する。

プロジェクトマネージャの業務と役割

 

意外でした?社内SEの役割まとめ

足りないスキルがあったとしても、何とかなるのが社内SEだと思います。

会社や社員など立場によって求めてる役割が違う。そして立場が違えば意見も変わってくるものだと、僕は社内SEに転職して実感しました!

状況によってはスキルを身につけるか、別の方法で実現するなど、社内SEはそういった判断をしていくことになります。あまり残業をすべきではないので、限られた時間で限られたことをするために、色んな判断を自分でしていきます。

今までは仕様に沿ってシステム開発をしてきたかもしれませんが、これからは「受注側」から「発注側」になるので、基本的にはあなたがやりたいようにやれます。

 

会社ごとに使ってるシステムは違うでしょうから、実際に社内SEになってみないとわからないことは多いかもしれません。しかし、転職活動中にわかることも多いです。これがとても重要。

転職する際は、専用のエージェントが付いてくれるので、事前にイロイロと聞いておきましょう。

そして、面接の時に情報収集し、ITに前向き」な会社を選びましょう!

その方が色んなことに挑戦できてオモシロイです。

 

あわせて読んでほしい記事

社内SE転職【まとめ】

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
▼この4コマ漫画は実話です▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますが、色んなことがありました。
あなたもきっと、様々な想いからこのブログを読んでるのでしょう。

僕はずっと両親と義両親から転職を勧められてました。
(妻には結婚前からですね)

『こんなに頑張ってるのに、何でそんなこと言うんだ?』
自分で決めた道なんだから、放っておいてほしい、と思ってました。

しかし、正しい方向に頑張らないとダメだということに気付いたんです。
その話を踏まえた、僕の転職体験談はコチラ

あなたが今の仕事に満足していないなら、今すぐに行動しないと、今のままキャリアも人生も固定されてしまいますよ。そうなると、自分も家族も幸せにはなれません。

オススメ転職サイト

ITに特化した転職エージェントをご紹介。
特化すべき理由は、”採用への前向きさ”がわかるためです。
ここで紹介する3社は僕も実際に会いました。

良い求人ほど1社にしか載せない!この問題は複数の転職サイトを利用すれば解決できます。ブラック企業を避ける方法【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトで圧倒的な求人数です。求人は関東と関西が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーの状況に合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューしました

評判を見る 公式HP

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は話題に。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけで、登録時は簡単に入力し残りはエージェントに相談しましょう。

評判を見る 公式HP

 

~レバテックキャリア~


自社製品の開発SEを目指すなら必ず登録。ここは自社サイトも社内で作るほどのエンジニア集団です。より技術に特化したSEを目指すなら会いましょう。エンジニアとして開発を続けるためのキャリアプラン(Web系など)も相談できます。もちろん社内SE向けの求人もあります

評判を見る 公式HP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください