全ての転職者へ

【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

SE流の良い求人を探す方法

良い求人はどれかな~と探していると、「コレ良さそう!」と思うことがありますね。

それはすでに転職に失敗している可能性があります(–;)

驚かせてスミマセン、これは人間の特性で「目の前にある情報だけで判断しようとする」というものなんです!

ここでは、どうすれば良い求人を探すことができるのか? ← この疑問に徹底的に答えていきたいと思います。

 

社内SE転職エージェントインタビュー【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイトの仕組み

転職サイトはどのようにして収益を得ているのか?

広告の掲載費だけのように感じるかもしれませんが、掲載費は公開されている求人情報のみです。

メインは非公開求人になります。

これは転職者の年収によって、転職サイトの収益に増減があります。

たとえば年収450万円で転職したとすると、これの10%などが企業から転職サイトへ支払われます。

(%はサイトにもよる)

これがメインの収益です。

そのため転職サイト側としても出来る限り、年収は高めで転職してほしいと思ってます。

企業側はあまり高くしたくないと思ってるかもしれませんが。。。

(特にSEの転職は高め)

 

非公開求人とは?

そもそも非公開求人ってなんなの?

何度も説明してきましたが、改めてこの記事でも説明いたします。

今の時代、公開されている求人よりも、非公開の求人のほうが多くなってきています。

この非公開求人で企業が、人材採用に関して前向きに力を入れているかが見れます。

それは非公開求人の方が、会社側は費用がかかるためです。

 

ちなみに僕の会社では、非公開求人でしか募集はしてません。それは社内SEの部門に限らずです。

なぜなら自社の求める人材を転職サイトに説明し、それに合ったポテンシャルの人のみ面接したいからです。

お金をかけて人材採用に力を入れる。これはあたりまえのことかもしれませんが、これができない会社は多く、できてない会社はたいてい、SEブラック企業だったり。。。

 

あなたは1年間ずっと同じ求人を載せているシステム開発会社を見たことはありますか?

僕はSEを7年してた頃に、何度も何度もIT系の転職サイトを眺めていたのでよく知ってます笑

長い期間、同じ求人を載せているのは『異常』です。

(常に人が入れ替わるからでしょう)

転職の時の自分の立場は一概には言えませんが、僕は以下にあるように「自分は選ぶ側」なのですからしっかりと選定したいですね。

 

 

1.転職サイトを複数登録すべき理由

良い会社ほど複数の転職サイトに載せてません。

それは良い会社ほど転職する人が少ないので、求人をどのように出せばいいかわからないからです。

これはある意味素晴らしいことです。素晴らしいがゆえに転職希望者に求人情報が伝わってきません。

転職希望者に伝わるのは、常に転職者がいるSEブラック企業ばかりになってしまいます。

(求人を出すのに慣れてしまっている)

この悪循環を除くためにも、必ず複数の転職サイトを利用しましょう。

 

2.転職エージェントの掛け持ち

転職サイトによっては悲しいことに、転職エージェントの担当者のレベルも重要になってきます。

あまりにも転職エージェントのレベルが低い場合は、担当を変えてもらいましょう。

また、転職エージェントのレベルが低いのか判断しかねる時もあります。

(僕らはプロではないのでわからないですよね)

 

この問題は転職サイトを複数登録することで回避できる問題です。

あくまで自分は会社を選ぶ側なのですから、お互いwin-winでなければなりません。

転職エージェントによっては、複数の転職サイトを利用するのは、止めたほうがいいと言うかもしれません。

どう考えても自分自身にとっては、メリットしかないので必ず転職サイトを複数利用しましょう。

 

3.会社の選び方

非公開求人なら公開されている求人に書かれている『熱意』などに、踊らされることがないので素晴らしいですが、会社を選ぶ方法としてどのようにすればいいかわからないですよね。

まずは転職エージェントからたくさん情報を聞きましょう。

「今回求人をだした理由」

「今いる社員の業務」

「社長のキャリア」

などなど。

さらに僕はSEなので、ひたすらググりました。

Web上にある情報はすべて見たのでは?と思うほどです。

会社のHPはもちろんのこと売れ筋商品についても調べ上げました。

(僕は化粧品会社の社内SEです)

(化粧品会社の女性は美人だらけですが、気が強いのでご注意を。。。)

 

でもこれだけじゃ足りないかもしれません。

さらに深くまで追っていきましょう。

 

4.会社の裏側をのぞく

会社の内情を探る

実際にその会社で働いてた人に聞きましょう。

そういったサービスがあります。

この【転職口コミ】転職先の情報は全て調べてから転職しようで転職口コミを見れるサービスを比較してます。

転職時には必須なので、必ず会社を選ぶときには参考にしてください。

ここのサービスたちは、無料登録が必要なものから、直ぐに登録不要で見れるものまで様々です。

 

わかりにくいかもしれませんが、登録が必要なサービスは信ぴょう性があります。

理由は登録が必要なサービスはポイント制にしていて、自分が転職したい会社の情報を見るのにポイントが必要、だから転職前にいた会社の口コミを書いています。

あまりにも評判が悪すぎる会社の場合は、いきなり温度感が違う優しい口コミがあるので判断しやすいと思います笑

 

まとめ

僕の周りのSEにもいたのですが、SEは転職するときに1つの転職サイトしか利用しない人がいます。

僕は不思議なのですが、理由を聞くとたいていこう言われます。

「1つの転職サイトに求人がすべて揃ってるはず」

「複数はめんどくさい」

100%確実なことは、1つの転職サイトにSEの求人情報がすべて揃うことはありえません。基本は転職エージェント掛け持ちです。

しかも良い会社ほど複数の転職サイトに求人を載せません。。。

 

システムエンジニアって精神的につらいからこそ転職するので、複数の転職サイトを登録するのは面倒だし、大変かもしれません。

ですが、ここで頑張ることで今とは違う世界がおとずれます。

就職はご縁と昔はよく言いましたが、ご縁は自らの努力で何とかなると思いますよ!

ブラック企業からブラック企業に転職しないようにするためにも、複数の転職サイトに登録しましょう。

 

あわせて読んでほしい記事

社内SE転職【まとめ】

 

オススメ転職サイト

当ブログ厳選の転職エージェントをご紹介します。比較記事もありますので参考になれば嬉しいです。

3つとも登録しましょう。理由→社内SE転職成功の鍵は”複数の転職サイトへ登録”ポイント4つを厳選を参照

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトですが取扱い求人は関東が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーに合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューしました

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~レバテックキャリア~


年間累計3000回以上、企業に足を運ぶのは凄いです。依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいので社内SEという競争率が激しい業界で、書類選考率内定率が高いんですね。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は絶賛されています。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけです。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

 

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ