SEの未来

文系SEこそ社内SEに転職したら【幸せになれる3つの理由】

文系SEこそ社内SEに転職

僕は文系SEとして7年ほどSierの世界にいました、理系のSEはハードの仕組みとかDB構造とかにめちゃくちゃ詳しかったりますよね。

僕はあまりそこらへんに詳しくなる気はなかったですし、iPhoneの最新情報とかのITトレンドを追う方が楽しいです^^

同じITに関わるエンジニアの中で、文系SEの方が絶対に社内SEに向いてると思います!

 

社内SE転職エージェントへインタビューSE流の求人の探し方バナー画像

文系SEとは

IT業界の方なら聞いたことがありますよね。

さすがに当ブログに来られる方は知ってると思うので簡単にまとめると以下になります。

  • コミュニケーションに優れたSE
  • 空気を読めるSE
  • そんなにPGの勉強をしないSE(←僕です笑)

 

僕はもともと営業職でして、未経験でIT業界に転職しました。

なかなか驚きの日々でしたが、今ではSEから社内SEに転職して楽しく生きてます^^

(業務を効率化し今年は一度も残業してません~)

 

社内SEとは

社内SEは様々な会社にある「情報システム部門」のことを指します。

小規模な会社では、経理の方が兼任していることもあります。

主に社内のインフラ部分(電話・ネットワーク・PC・プリンターなど)の保守や、基幹システムの開発・保守、また、経営分析用のソフトなどの選定・導入など様々なものがあります。

社員からのシステムに関わる問い合わせや、要望といったヘルプデスク対応もあります。

 

文系SEこそ社内SEに向いてる理由

僕が文系SEなこともありますが、かなり社内SEに向いてます。

その理由をそれぞれ見ていきましょう。

 

理由1:説明力

ITがわからない人に説明するというのは、そんなに難しいことじゃないです。

割と普通にこなせます。コミュニケーション力というか社内SEのスキルでも説明したとおり伝えようとする意志があればいいと思います。

 

電話での対処も多い(遠隔操作でヘルプデスク作業をするなど)ですが、けっこうSEでも電話でのやりとりってありませんか?

クライアントと不具合について語り合うようは、とても素晴らしい電話になります笑

 

理由2:理解力

ここはけっこうポイントだと思います。

やはり畑違い(IT業界)から社内SEに転職しておりますので、一般職の人たちにとっての当り前は、SE的には当り前じゃないかもしれません。

IT業界はとても思い違いが多い仕事ですので、文章で残す人もいました。

 

何が言いたいかというと、自分の常識でものごとを図らない方がいいということです。

相手の立場に立って、業務の歴史・背景などを聞いていると、

ユーザーが本当に求めているもの

が見えてくるのではないしょうか。

 

そこを意識しておけば問題ないと思います。

 

理由3:イメージ力

理系の人では数字を数字としてしか見れない人が多いと思いますが、僕のような文系SEだと数字よりも具体的なシステムの先にある、ユーザーが使っている部分を優先してイメージできるのではないでしょうか。

 

事象をユーザーから聞いて(インプット)、具体的にどうすれば良くなるか?を考え、形にしていく(アウトプット)と社内SEが楽しくなってくると思います^^

 

IT業界は文系SE・理系SEどちらが向いてるの?

IT業界の視点から見ると、どちらの方がSEとして正解なのか? それは今のIT業界としては、どっちでも良いって感じでしょう。

(そんなことより仕事しろとなります(-_-;))

ただし、社内SEは別です。

さらに言うと社内SEはIT業界ではなく、様々な業界の会社で情報システム部門が必要ですので、業界は様々なんですよ。

 

そんなIT業界でもないITエンジニアである社内SEは、、、文系の方が僕は向いていると思います。

 

ちなみに自社製品の開発をする社内SEなら、理系SEの方が向いてるでしょう。

(一般的な社内SEではないので求人は多くはないですが)

(理系SEは絶対にこの道を選んだ方が楽しいと思う)

 

こういった社内SEの種類についても社内SEのスキルで説明してますのでご参考に。

 

オススメの業界について

ちなみに一般職の話ですが、化粧品業界がいま大人気らしいです!

アパレル業界は微妙らしいですね。

(展示会で聞きました。外出もちょいちょいあり。詳しくは社内SEの1日

ここからわかるのは、微妙な業界に転職すると年収の枠が決まってしまいますのでお気をつけください。

 

そして、社内SEとしてITトレンドに詳しい方が社員や役員層など、みんなに喜ばれることが社内SEを体験してわかりました^^

あなたも自分が得意な部分で、盛り上がっている業界で働くと楽しくなると思います~

 

■下の記事は社内SEの転職に関連することを纏めました

社内SE転職【まとめ】

 

オススメ転職サイト

徹底的に厳選した転職エージェントをご紹介。
転職サイトってわかりにくいですよね、比較記事もありますので参考になれば嬉しいです。

良い求人ほど1社にしか載せない?ブラック企業を避ける方法【SE流の良い求人の探し方】転職のご縁は創れる?4つの理由

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトで圧倒的な求人数です。求人は関東と関西が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーの状況に合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューしました

評判を見る 公式HP

 

~レバテックキャリア~

年間累計3000回以上、企業に足を運ぶのは凄いです。依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいので社内SEという競争率が激しい業界で、書類選考率内定率が高いんですね。

評判を見る 公式HP

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は話題に。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけで、登録時は簡単に入力し残りはエージェントに相談しましょう。

評判を見る 公式HP

 

 

ABOUT ME
アキクボ
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です! 毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。 今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~ 僕の想いをこめたProfileについては コチラ
社内SEとは?←この答えって何だろう?
社内SEとは?

SEから社内SEに転職した僕が、社内SEに関する様々な出来事を書いていたら、いつのまにか【社内SEに転職するノウハウや、社内SEのリアル】がたくさんあるブログになりました。

僕は社内SEって、ITで世の中を便利にできる仕事だと思います。

この記事を読めばあなたは、

  • 社内SEのリアルな情報
  • 社内SE転職ノウハウ
  • 社内SEが創り出す未来

 

これらがわかります!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください