SEの未来

SEは「資格を取っても意味がない」と言われる『本当の理由』

SEは「資格を取っても意味がない」と言われる『本当の理由』

SEの資格は色々ありますが、会社から一時金を貰えるところも多いですよね。

よく先輩SEに「基本情報技術者」を取っても意味がないと言われてきました。

しかし本当に意味がないのでしょうか?

ポイント
  • 大切な知識がたくさんある
  • 客先常駐SEでは不要だった
  • 忙しいのに資格を取る人は称賛されるべき

 

僕はSEから社内SEに転職して、ようやく先輩SEが言ってた意味がわかりました!

 

基本情報技術者の知識は大切

SEやPGの登竜門と呼ばれる資格は、基本情報技術者ですね。

基本情報技術者では、プログラミングに大切な論理的思考や幅広い知識が身に付きます。

やはりIT関係の仕事をする上で、この基盤がないと大変なことになるでしょう。

 

例えば「1Byteが8Bitだなんて重要じゃない」と思う人もいるかもしれませんが、「半角文字で1文字が1Byte」だと知っていることが重要です。

なぜなら、半角文字が256通りあるという知識がなければ、思わぬ設計ミスを引き起こしますし、全角文字を含めると2Byteで65536通りもあります。

(しかも文字コードによっては1Byteじゃないです)

 

資格を取るつもりがなくても勉強はしよう

あなたが基本情報技術者の勉強をしたら、必ず自分の役に立ちますし周りとの差を広げることができます。

基本情報技術者の勉強をしていない人とは、仕事上の会話でも差がでてくる(^^;)

話してる本人は気付けないので、「あっ、この人、知識ない人だ」ってなるんですよね。

 

しかも基本情報技術者などの資格を取ると、会社によっては一時金が貰えるという凄いメリットが!

なのに、周りのSEからは「資格を取っても意味がない」と言われるのには理由があります。

 

客先常駐SEでは資格は不要だった

客先常駐SE

客先に常駐するタイプのSEはかなり忙しいですよね。

忙しい理由は色々ありますが、たいていは『そもそも人が足りていない』のが原因なんですが(-_-;)

僕の周りにも色々と言う人たちがいました。

 

周りのSEが「資格を取っても意味がない」と言う理由は、2つあります。

1つは資格をとったからといって、急激に仕事ができるようになるわけではない。

もう1つは言ってくる人が、資格を取りたくないからです。

 

IT業界は資格を取っても急激に仕事ができるようにはならない

基本情報技術者などのSEの登竜門の資格をとっても、「急に仕事ができるようになるわけがない」、こういったことを言う人がいるのは事実です。

しかし、そんなことは当り前ですよね?

世の中の資格保持者が資格を取ったからといって、直ぐに仕事に直結するわけがありません。

学ぶのは『知識』だからです。

 

この記事の前半でも話したように、必須の知識であることには変わりがないうえに、同業者と話すのに必要な知識なので、資格は取らなくても必ず勉強はしましょう。

そうすることで、あなたの仕事の質が上がるし、信頼も一緒についてきます^^

僕ならそういった前向きな人と働きたいです。

 

資格を取りたくない理由

資格を取っても意味がないと言ってくる人たちは、忙しさのあまり向上心がなくなっている方がけっこういます(^^;)

そういった人たちは、どうしても資格を取りたくないので、あなたが資格を取ることを恐れていて、「自分も資格を取らざるえなくなる」なんて考えてるんです、、、。

ただ、こういう風な考えになってしまうのは理解できます。

 

客先常駐SEというのは、たしかに忙しいです。しかもSEに原因はありません。

このSIerという業界に問題があるんですよ!

頑張っても頑張らなくても評価がされにくいうえに、基本的には下請け会社がいくつもかかわっていて、実際に作業をするSEに支払われるお金は雀の涙という会社も多いでしょう。

 

しかし、それでも頑張って資格を取るべきです。

なぜなら、資格を取った方が評価されますよ?

 

忙しいのにSEで資格を取る人は称賛されるべき

check

あなたが周りと同じ水準でしか評価されてないなら、資格を取りましょう。

なぜなら、経営者は資格を取ることを望んでいます。

その証拠に資格合格手当といった、一時金が支払われる会社が多数あるからです。

 

しかも、実際に大切な知識ですので、自分も企業にとっても嬉しい^^

働いている周りのSEたちにとっては、そういった風にはならないかもしれませんが。

普段の業務で残業や徹夜に休日出勤としていると、なかなか勉強する時間はとれません。

 

むしろ、それがチャンスです!

 

周りより一歩先へ行くSEになる

誰にもできないことをやるからこそ、目立つのです。

客先常駐SEは評価されにくいのは事実ですが、その状況を変えることができます!

僕としてはSE・PGの経験をある程度積んだら、今後の人生について真剣に考えることをオススメしてます。

 

僕は7年ほどSIerの世界にいましたが、なかなか辛辣な日々でして、その頃は独身だったのでみんなも忙しいし、まぁいいかって思ってました。

ずっとそんな日々ではやはり問題で、結婚して子供が生まれたころに急いで社内SEに転職したんです。

SEから社内SEに転職した僕の体験談を全て話します【7つの事実】

 

自分でやりたい道を選べるのが社内SE

社内SEが2種類ありまして、そこらへんは社内SEのスキルで詳しく説明してますが、簡単に説明すると、企業の情報システム部門か、自社製品の開発会社です。

(現在、弊社でも社内SEを募集しておりますのでよければ^^)

社内SEの1日が知れる記事は、社内SEは楽すぎる?【1日のリアルなスケジュール全8つ公開】などがわかりやすいと思います。

 

まとめ

SEの資格は色々ありますが、会社から一時金を貰えるところも多いので、ぜひとも貰いましょう!

あなたへの信頼もついてきますよ^^

もう一度、まとめると以下の3つになります!

  • 大切な知識がたくさんある
  • 客先常駐SEでは不要だった
  • 忙しいのに資格を取る人は称賛されるべき

 

これで、周りのSEが「基本情報技術者」を取っても意味がないと言う理由がわかったでしょうか?

僕はSEから社内SEに転職して、冷静に物事を見れるようになってわかりました!

(ちょっと疲れてたのかも?)

▼このブログは僕の体験談です▼
SEから社内SEに転職した結果

この4コマ漫画は実話です。かなり省略してますので、なぜ僕がSEから社内SEに転職したのか?は僕の転職体験談を読んでもらえるとわかりやすいです^^

僕の転職体験談へ

社内SEの仕事内容一覧へ

社内SE夫婦で子育てブロガー
アキクボ
こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業の夫婦で子育てブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ


僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。
何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 


正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。 頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ


↑ ランキングに参加してます! ↑
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA