本当に転職するか悩む人へ。人生に必要なのは”考える時間”だった。僕の話。

2018-04-13

転職しようか悩みますよね。 僕もそうでした。

ずっとこんなこと考えてました。。

 

「本当に転職すべきかわからない」

「不安だなぁ、転職してもまた同じことを繰り返すかもしれない」

「転職って体力いるから、ここでしばらく我慢してようかなぁ」

「あーーー、つまらないなーー」

 

これは典型的な仕事に忙しくて時間がない人。

(残業・徹夜・休日出勤など)

そう、僕もずっと時間がない人生でした。

 

これは転職すべきか悩んでいる人に向けた僕の体験談です。

(とっても恥ずかしいけど、何年か経て見直したい)

転職に失敗した経験がある人もいるでしょう。僕もあります。

でも諦めちゃダメだと思うんです!

 

僕は転職して良かったです。

”転職” 自体が成功なのではなく、

その先のことを考える時間ができた

からです。

 



”考える時間”とは

元々考える時間が欲しくて転職したわけではないです。

”考える時間”は転職による副産物!

厨二病みたいなことを言いますが、自分の人生について本気で考えたことはありますか?

僕はなかったです。

この”本気”の定義は置いておくとして、色んな人が思う人生って「友人や家族との明るい未来」ですよね?

これだとざっくりしすぎというか、もっと言うと”自分のやりたいこと”だったり、”一度きりの人生”というセリフもざっくりです。

 

なぜざっくりだというと答えが出ていないから。

もしくは答えを出すための行動をしていないから。

 

考えているようで考えていない気がしませんか?

きっとそこまで余裕がないんだと思います。

これだといわゆる妄想ってやつですね。

妄想したらそれを実現するまでの行動計画を見据えているか? で切り分けができそうです。

 

転職のキッカケ

僕は毎日のように残業し、徹夜の日もあれば、休日出勤もありました。

そんな状況下でなんと結婚しました。

不思議なことに妻と会う時間はなかなか取れないのに ”なんとなくやった感” があってそれなりに楽しんでました。

この感覚って不思議ですよね。

時間と体力を使っただけでなんとなく達成感が湧き出てきてしまいます。。。

 

子供が出来た

でも妻が妊娠した頃から不安感は少しずつ大きくなりました。

たださえ仕事が忙しいのに子供が出来たんです。

全く妻にかまってあげれなくなり、妻のストレスも相当だったと思います。

夫婦で言い争いも増えました。

お互いがお互いのことを想っているのに喧嘩になってしまうんですよね。

あるとき僕は、

 

自分自身の心境の変化に気づきました。

 

子育てを妻一人に任せっきりで仕事ばかりするわけにもいきません。

子供が産まれる少し前に妻から

 

「早く帰ってきてほしい」

 

という言葉をきっかけに、早く帰れる仕事、且つ、やりがいがある仕事をしたい、と前々から思っていたので、転職を決意しました。

 

行動するまでずいぶん時間がかかってしまいましたね。

妊娠したら直ぐに動くべきでした。

いや、もっともっと前であるこの記事の冒頭部分で転職すべきでした。。。

 

僕は子供が産まれた1か月後には転職しました。

転職は成功し、家族との時間が増えて笑顔で溢れまくってましたね。

子供の成長を夫婦で見れる幸せというのを僕は噛みしめました。

 



短い時間で最高の成果をだす

中小企業で残業があまりない会社でした。

残業がないから元気がありあまってきたので僕はめちゃくちゃ仕事を頑張りました。

他人の2倍、3倍と、、、

(帰宅時間は早かったけど)

会社都合で忙しいとヤル気が失せるのに、自分で忙しくすると苦痛ではなかったんです。

みんなからの評判は良かったので僕は嬉しかったです。

(さらに成果を数値化し評価しやすくした)

 

他の人よりボーナスを多くもらえて僕はハッピーでした!

なので更に更に頑張りました!

帰宅時間が少し遅い日も稀にありました。

 

POINT

転職して仕事を”やらされてる感”から”自らやってる感”に変わり、やりがいを感じてました。

残業が少ない会社を選んだので、空いた時間で自ら勉強したり遊んだりと自由な時間が増えました。

今の仕事を通して自分が得意なことや苦手なことに気付くことも多かったです。

 

そんな日々が2年ほど続き、ある時、色んなことが重なりました。。。。

 

社内SE転職サイト比較

 

絶望

僕をとても評価してくれていた部長の裏切り(退職)。

会社からの僕への評価は変わらない(贅沢かもしれないがもっと評価されたい)。

そして頑張っていた仲間の退職。。。

 

部長の退職

部長はキャリアも実力も備わっていて凄い人でした。

転職してきたので社歴は僕のほうが長かったですが、直ぐに意気投合し色々と仕事で関わってて厳しい人ですが、とても僕は楽しかったです。

ある日、突然みんな収集され、退職することが発表されました。

本人に後から聞いてみると「俺のわがままだ」と言ってました。

この日の夜のことをよく覚えています。

”今までのは何だったんだ”

”これからだったのに”

”もっと楽しいこと(仕事)たくさん出来そうだった”

全然眠れなかったですね笑

いやー懐かしいなぁ。

 

会社からの評価

さすがに今回は会社から高い評価がされると思ってました。

今までで一番仕事をした気がします。

あんなに頑張るなんて今後2度とできないと思いました。

あるとき頑張りすぎてストレス性の病気になって一週間ほど会社を休みました。

ちょっと頑張りすぎましたね。

身体は資本なのでみなさん気を付けましょう。

 

仲間の退職

そして、会社で1つ年上の仲良い人がいたのですが、遠い地でたまたま同郷(県も市も一緒)、且つ、家族構成も似てて良く飲みに行ってました。

この人は実力もあって僕の社歴の倍の6年くらい頑張っていたのですが、会社からの評価はあまり変わりませんでした。

退職理由はいくつかあったのですが、会社からの評価が低いという理由で決めたわけではありません。

(少しはありましたが)

どれも簡単な理由ではなくて、その人の家族の人生が左右するほどのことでした。

退職するためにその人の奥さんは公務員の採用試験を受けて合格してました。

相当頑張ったと思います。

最初に理由を聞いたときも僕は眠れなくなりました。

逆の立場になったとき、僕はどういう人生の判断をしたかわかりません。

 

会社の評価の限界に気付く

いろいろ重なって少し泣きそうになりました。

かなり落ち込みました。

 

そして僕は気付きました。

 

会社には予算があり、評価にも限界がある。

部門ごとに予算があれば、そもそも全体での予算もある。

そこの判断をしているのは経営層の方です。

逆の立場で考えると、頑張れば誰にでもお金を出せるわけがない!

これはどこの会社でも同じでしょう。

 

POINT

転職に成功し更に年収を上げるために色々と頑張ってみました。

結果的には完璧に満足できるほどではありませんでした。

これはどこの会社に転職しても同じ問題があり、限界点はあるのかもしれません。

 

成果を出したら評価されたい

転職して無駄な残業・徹夜・休日出勤からは解放されたけど、新しい問題で悩んでいました。

頑張ったら頑張った分だけの評価が欲しい。

けどどうしたらいいかわからない。

起業するわけにもいかなし、、でも頑張ったんだし何か欲しいなと。。

人間って欲深いですね。

仕事(残業・徹夜・休日出勤)で忙しかった頃はそんなことを考える余裕も時間もありませんでした。

今はいろんなことを考えます。

なので考えるに考えた結果、一つの答えに結びつきました。

 

副業すればいいんだ。

 

頑張っても評価がイマイチなら自分で稼げばいい。

これ以外の正解もあると思いますが、別の会社に転職しても同じ結果になるか、また残業・徹夜・休日出勤の日々に戻る可能性だってあります。

会社に勤めながら副業するなら認められるのは雑所得と呼ばれるものだけ。

株やFXや仮想通貨やブログです。

 

色んな副業があるけど

僕はブログをはじめました。

資産になると思ったからです。

いつか何もしなくても稼いでくれるコンテンツになる気がして。

でも直ぐに書けなくなりました。書く文章が思いつかないのです。

ほとんど本も読まず、書くこともしてこなかった人間がいきなり書けるわけがないのです。

なのでひたすら勉強してますよ。

こんなに勉強しているのは人生で初めてです!

 

POINT

いま転職しようか悩んでいる人で時間がたくさんあるなら副業という選択肢も考えてみてください。

もしも時間が全くないのであれば確実に転職しましょう。

転職エージェントに相談すればあなたが思っている悩みについて回答してくれるでしょう。

(重要なのは非公開求人です。採用費用が高いため募集企業が採用へ”前向き”に、金をかけていることがわかります)

 

人生ってなんだろう

かなり個人的な話をするのでスキップしてもらっても構いません。

実を言うと僕は本気で何かを欲しいと思ったことはあまりありません。

妻と付き合う時くらいです。

ざっくりとお金持ちになりたいなぁって思ってはいましたよ。

よく宝くじで「億万長者になりたい!」って友達に言ってましたし。

でも本気で欲しいと思うなら行動してますよね?

(宝くじを買うことは除く)

 

この行動は妻以外ではしてないんです。

僕以外の人でも夢などに向けて実際に行動していた人って少ないですよね?

例にすると若いころにミュージシャンに憧れてギターを弾いてたとか、バンドやってた、とかなら”どこまで本気でやってたか”、が切り分けですかね。

でも今は色んなものが本気で欲しいと思ってます。

行動したくてたまらないです。

僕の好きな言葉で飾ると ”楽しく生きようぜ” って感じです。

ちなみに楽しく生きる方法について本気でこないだ考えてみました。

一週間以上かかりましたが、”楽しく生きる方法”について誰かに説明できるほどの答え、を僕は持ってなかったです。

それは僕が未熟だからでしょう。

こんな冷静に現状の分析としての答えを転職前の僕には出せないと思います。

人並み以上に楽しく生きてきたと思うし、最高に好きな友達や女性とステキな時間を過ごしたけれど、1年前に、人生で初めての絶望を味わってから、僕の考え方が変わりました!

 

他人に評価を左右されるのではなく、

自分でビジネスをすることで評価をするのは自分自身!

 

もしかして人生って挑戦なんですかね。

僕は1年前の4月に決意してから挑戦し続けています。

寝なさすぎてフラフラな状態で会社に行ったりしてますが、全く苦ではないし、少し吐き気を催したりしたけど、自分のやりたいことをやってるから人生が楽しくて仕方がないです!笑

ビジネスだなんてカッコつけたけど、何をすればいいかわからないし、金を稼ぐ方法はたくさんあってどうすればいいかわからないですけどね。

そこらへんも踏まえてじっくりと考えながら挑戦していきたいと思います。

もちろん仕事も継続して頑張る!

二刀流でどっちも成功させたいし、趣味とかもたくさんやりたい!

(僕のわがままです笑)

 

”考える時間”が出来て気付いたこと

考える時間って大事だなって本当に思います。

若いころは無駄に時間がありすぎて遊んじゃうんですよね。

(もっともっと考えておけばよかった)

一般常識で考えると30歳を超えて、妻子持ちの状態で転職するってなかなか大変だと思います。

でも転職しなきゃ抜け出せないアリ地獄の状態の人ってけっこう多いはずです!

若い人でアリ地獄の状態なら転職しましょう。

必ず後で「もっと早く行動すれば良かった」と思いますよ。

これはやりたくないことをやっている人も同様です!

なんだか気持ちが高ぶってきて色々と考えてしまいますね。

(深夜2時。。。早く寝なきゃ)

結婚して子供が産まれてしばらくして、ふと、子供が産まれてからが第二の人生新しい人生が始まったなっていう思いが最初ありました。

確かにこれは正しい。

だけど、「もっとある」ということに気付きました。

 

人生とは、

自分の人生が何なのか考え、

信念をもって挑戦し、

たいせつな人を大切にすること!

 

あたり前のことかもしれないけど、これが未熟な僕が転職して思ったことです。

こんな恥ずかしいこと言っちゃう僕ですが、転職(=行動)はオススメです!

 

"IN4U" の記事が気に入ったら
"いいね !" しよう

2018-04-13社内SE, 考え方, 働き方転職, 考え方, 働き方, 人生

Posted by akikubo