社内SEの年収は?実際にSEから社内SEに転職してあがるのか?

社内SEの年収

僕が実際に社内SEに転職する時は子供が生まれたばかりだったので、年収を気にする余裕はなかったです。

あまりにも忙しいSEの方は僕のように年収を気にせず転職するでしょう。

(僕が転職に成功できたのは偶然だと思います。事前に準備すべきでした。時間がなかったので仕方がないかもしれませんが)

そういう場合を考えてここでは社内SEの年収は一般的にいくらなのか?

地域・スキル・年齢などを踏まえたうえで他人の年収を知りたい!という人も調べる方法をまとめます。

 

「ミイダス」で年収調査

自分の市場価値を職種・業種・性別・学歴・年齢・年収・居住地・企業規模まで調べることができる、スカウトを待つタイプの転職支援サービスがあります。

(しかも他人の転職前と転職後の実績も見れます。年収など)

今回はこのサービスを使って社内SEの年収を徹底的に調べたいと思います!

色んなパターンで検索できるのでそれぞれ調べていきますが、自分で見たい場合はコチラの【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップを参考にしてください。

 

社内SE全体の年収

細かい条件を設定する前にまずは「社内情報システム」のカテゴリー全体の調査をします。

たくさん比較しますので気になる年収データを直ぐに見るなら「目次」から選択してください。

 

年収
400〜599万 41%
400万未満 29%
600〜799万 20%
800〜999万 7%
1000万以上 4%

 

業種
IT/通信 32%
メーカー(機械/電気) 12%
金融 7%
メーカー(素材/化学/食品/その他) 7%
専門商社(卸) 5%
小売 5%

 

性別
男性 75%
未回答 14%
女性 11%

 

学歴
大学 45%
専門学校 16%
難関大学 10%
大学院 10%
高等学校 9%
最難関大学 4%

 

年齢
24〜26 14%
27〜29 12%
30〜32 12%
21〜23 11%
33〜35 10%
60以上 8%

 

居住地
関東 57%
未回答 14%
近畿 14%
中部 7%
九州 4%
東北 1%

 

企業規模
100人未満 46%
300人〜999人 16%
100人〜299人 15%
3000人以上 12%
1000人〜2999人 11%

 

社内SE年収400万から599万の詳細

一番人数が多い400万~599万を詳しく見ていきましょう。

ミイダスでは表の行を選択すると更に詳細が見れます!

(以下のデータは年収が400~599の部分をクリックして詳細を表示したものになります)

 

自分で色んなパターンを見たい場合はコチラの【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップを参考にしてください。

 

年収
400〜449万 33%
500〜549万 26%
450〜499万 25%
550〜599万 16%

 

年齢
30〜32 13%
27〜29 13%
24〜26 13%
21〜23 11%
33〜35 11%
36〜38 9%

 

居住地
関東 56%
近畿 15%
未回答 13%
中部 4%
九州 11%
北海道 1%

 

社内SE年収450万から499万の詳細

さらに450万~499万を詳しく見ていきましょう。

ミイダスでは表の行を選択すると更に詳細が見れます!

(以下のデータは年収が450万~499の部分をクリックして詳細を表示したものになります)

 

自分で色んなパターンを見たい場合はコチラの【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップを参考にしてください。

 

年収
450〜499万 100%

 

年齢
30〜32 15%
27〜29 14%
24〜26 13%
33〜35 11%
21〜23 10%
36〜38 10%

 

居住地
関東 57%
近畿 16%
未回答 12%
中部 7%
九州 4%
中国 2%

 

こうやってみると関東がやはり水準は高くなりますね。

それでは近畿地方で見てみましょう。

 

近畿地方の社内SE年収

近畿地方を見ていきましょう。

ミイダスでは表の行を選択すると更に詳細が見れます!

(以下のデータは全体のデータから近畿地方の部分をクリックして詳細を表示したものになります)

 

自分で色んなパターンを見たい場合はコチラの【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップを参考にしてください。

 

年収
400〜599万 42%
400万未満 35%
600〜799万 16%
800〜999万 4%
1000万以上 3%

 

年齢
24〜26 16%
30〜32 13%
27〜29 13%
21〜23 11%
33〜35 11%
36〜38 10%

 

居住地
大阪府 50%
兵庫県 26%
京都府 10%
奈良県 6%
滋賀県 4%
三重県 3%

やはり大阪が多かったですね!

次は企業規模で見てみましょう。

年収が高いのは大手の会社になるのは当然ですが、僕としては中小企業がオススメです!

 

中小企業の社内SE年収(中小企業がオススメ)

最初のデータの企業規模が一番多かった100人未満を見ていきましょう。

ミイダスでは表の行を選択すると更に詳細が見れます!

(以下のデータは全体のデータから100人未満の部分をクリックして詳細を表示したものになります)

 

自分で色んなパターンを見たい場合はコチラの【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップを参考にしてください。

 

年収
400〜599万 40%
400万未満 35%
600〜799万 15%
800〜999万 5%
1000万以上 4%

 

年齢
24〜26 15%
21〜23 13%
27〜29 12%
30〜32 11%
33〜35 11%
60以上 8%

 

居住地
大阪府 50%
兵庫県 26%
京都府 10%
奈良県 6%
滋賀県 4%
三重県 3%

こうしてみると100人未満の会社には若い20代前半の人が増えますね。

 

大企業の社内SE年収

最初のデータの企業規模が3000人以上を見ていきましょう。

ミイダスでは表の行を選択すると更に詳細が見れます!

(以下のデータは全体のデータから3000人以上の部分をクリックして詳細を表示したものになります)

 

自分で色んなパターンを見たい場合はコチラの【ミイダス使い方】他人の転職前と後の実績を確認してキャリアアップを参考にしてください。

 

年収
400〜599万 36%
600〜799万 29%
800〜999万 14%
400万未満 12%
1000万以上 8%

 

年齢
24〜26 16%
51〜60 11%
27〜29 11%
30〜32 11%
33〜35 9%
21〜23 9%

 

居住地
関東 60%
未回答 15%
近畿 13%
中部 7%
九州 2%
東北 1%

こうしてみると3000人以上の会社には若い人と年齢が高い人が多くて中間の人が少ないですね。

 

まとめ

ミイダスを使うともっといろんな視点から分析できますがここらへんまでにしておきます。

このサービスを使うと企業からオファーが来るので、今の年収より上なら直ぐさま行動に移してもいいのではないでしょうか。

僕は非公開求人を転職エージェントに紹介してもらって転職しました。

個人的にはどちらのサービスも使うのがオススメです。

なぜなら良い企業ほど求人をだすのは一社だけだからです。

そこら辺の詳細はコチラの社内SE転職サイト比較!社内SEの求人はたくさんある!オススメなのは非公開求人!が参考になると思います。

 

ちなみに僕はSEから社内SEに転職したら年収アップしました!

関東で常駐SEをやってましたが平均の年収にはたっしてなかったですね。。

中小企業だったからかもしれません。

 

SEよりも社内SEの方が年収が上がる人は多いと思います!

 

 

"IN4U" の記事が気に入ったら
"いいね !" しよう