社内SE転職エージェントインタビュー

社内SE転職【まとめ】

2017-11-28

社内SE転職まとめ

ここではなぜ僕が常駐SEから社内SEに転職したか?と、僕が社内SEに転職して楽しく生きるとはどういうことか?について全てを話したいと思います。

気づけば社内SEに転職して3年となりました。SEって忙しいですよね。 僕も経験しました。

SEは中小企業が多いので、入社する会社をしっかり選ばないと、僕のように7年間も大変な思いをしてしまいます。

でも、SEだとその考える時間がないですよね。なので僕の経験を基に考えをまとめていきます。

 

まず、僕の信念は、

時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」

と思ってます。

さらに最近では、『世の中からブラック企業をなくしたい』というい思いが、特に強くなってきてます。

その想いや理論についてはプロフィールに全て書きましたが、実現できるのでは?と思います。

 

簡単にまとめると、以下が僕の転職前の考え方社内SEになった後の考え方です。

 

忙しくて時間がない

5年後、10年後に会社がどうなってるかわからない

ずっとこの先この状態が続くのは辛い

仕事がやっつけすぎて、やりがいがない

毎日定時に帰る(部門方針)

社内SEを抱える規模の会社は資本がある

これから先のことを考えることができる

男性・女性が一定数いる職場はけっこう楽しい

部門によって役割や目的が違うから面白い

会社にとってITは重要 ← ここに社内SEの”価値”がある

 

なんというか、あたりまえのことを、あたりまえに考えることが難しくなってたと思います。

SEは特殊職なので、上記のような「あたりまえ」のことを体験できません。

僕は転職して「一般職というのはこういう感じか!」と感じました。

 

つまり言いたいのは、いま目の前にある「あたりまえ」のことは、

外に出てみると意外に視野の狭い考え方だったり、風習だったことに気付くことがあって、

それって行動してみないと手に入らないものだから、行動してみると人生は変わる?ということを、僕は経験しました。

 

是非とも、このページをブックマークしてリンク先も全て読んでほしいです!

 

複数の転職サイトを利用すべき4つのポイント

社内SEに転職した今の僕

僕のプロフィールの”伝えたいこと”にも書いてますが、僕は毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SEです。

でもあるキッカケで転職しました。

遅かったくらいですが、後悔は一切なく、時間もできて色々と日々考えれるので、ライフスタイルが充実して楽しく生きてます。

月並みな言葉ですが、転職は始まりに過ぎないのでは?とよく考えさせられます。

上司もさらに上の上司も、ひたすら他人の問題を解決してただけで、自分の問題を解決してなかったのでは?と思います。(気付いた人から転職していくのがブラック企業?)

その後、「自分はどうしたいのか?」その答えを少しずつ出せてます。

 

自分のやりたいことを本気でやり、友人と笑い、家族で食卓を囲むという、普通のことをふつうに楽しむ!

こんなあたりまえのことをブラック企業にいると味わえないんです。

今あなたが抱えてる問題や悩みは、本当にあなたの問題ですか?たいていは違うんじゃないかと思います。

僕はそのことに気付かず、子供が産まれたことを機に転職しましたが、今は気付けます。それは体力的にも精神的にも余裕があるからです。

 

SEから社内SEに転職した体験談

僕がSEから社内SEに転職して思ったこと

SE・PGをしている方は充実してますか? ライフスタイルはどうですか?

毎日、毎日、朝から晩までひたすらコーディングしたり、数年は読まれない仕様書を作ってませんか?

実際に読まれる頃には仕様は変わってて、無意味な仕様書になってるかもしれませんね。

(経験談)

 

僕は7年もSE・PGとしてSIerの世界で生きてきましたが、なかなか凄い世界ですよね?

毎日変化を求めてた気がします。

有名なアインシュタインの名言に

 

『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』

 

この名言は真理だと思います。

殆どの人は毎日同じことを繰り返してるにも関わらず、もっと年収を良くしてほしいと思ってます。

僕も思ってました。 ですが年収は上がりません。

何故なら上げる理由がないから

みんな上がりません。

ならば通常業務+アルファをするのか?

頑張って上がったとしても少額です。 納得いくわけがありません。

だからみんな辞めていくんですかね。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は実際に僕が常駐SEから社内SEに転職して思ったことについて纏めてます。

SEから社内SEに転職した僕の体験談を全て話します【7つの事実】

 

社内SEのやりがい

社内SEのやりがい~ITを楽しもう~

SEの頃、ひたすらプロジェクトを渡り歩いていくうちに、SEのやりがいに悩んでました。

実際にユーザーがシステムを使うと、「もっとこうしたい」とか色々でてくるんだろうなぁ、って。

SEを7年ほど経験しましたが、「作って、ハイ終わり」って感じで、次のプロジェクトに向かうこともあります。

ずっと社内SEの人は、どういう所に「やりがいを感じてるんだろう?」といった疑問がありました。

 

そこで、実際にSEから社内SEに転職して3年を超える僕が、

社内SEのやりがい

について、全てを話したいと思います。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は社内SEの”やりがい”について纏めてます。

社内SEのやりがいとは?SEに伝えたいポイント4つ【ITを楽しもう】

 

社内SEは楽すぎる?

社内SEは楽すぎる?

社内SEは楽すぎると思う人が多いかもしれません。

実際にSEと比べるとどうでしょうか?

この「社内SEは楽」という風潮が正しいのか、徹底的に答えていきたいと思います!

この記事を読めばあなたは、社内SEのリアルな1日全てがわかります。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は社内SE楽すぎる?について纏めました。

社内SEは楽すぎる?【1日のリアルなスケジュール全部公開】

 

SEの残業問題、まずは考える時間を作ること

SE残業問題

間違っても転職先に同じIT業界を選ぶのは危険ではないでしょうか?

「ここなら残業が少なそう」と思っても絶対にやめてください。

あなたはまだその言葉に騙されたことがないだけ。何故なら既に先人達が騙されてます。

基を断ちましょう。

そうです、SIerを辞めるという選択肢について考えてみませんか?

SEの中小企業は資本がなさすぎて経営が難航してますよね。

社内SEになって、会社の資本の大切さが身に染みました。

 

今あなたはとても頑張っているでしょう。

僕は悲しいことに頑張っても時間が過ぎ去っていくだけでした。。

悲しいことに、正しくない方向に頑張るのは「頑張っている」とは言わないらしいです。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事はSEの残業について纏めました。

システムエンジニアが残業代でない理由を真剣に考えたら納得した【サービス残業】

 

SEからSEへの転職を繰り返す?

全く違う業界にゼロから飛び込むのも選択肢の一つですが、考えてみてください。

あなたが今まで培ってきたスキルや、感覚といった素晴らしい能力を無駄にしてはいけません。

大いに発揮できる職場があります。

それは “社内SE” です!

驚くほど大活躍ですよ。 みんなあなたよりITスキルは低く、わからないことだらけです。

経営層もわからなくて困ってます。

だって、せっかく作った売上が一瞬で、消し飛んでもおかしくない超重要部分ですから。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は僕が常駐SE時代の会社の状況や実際に他の会社へ転職した経験を纏めています。

繰り返すSEの転職。次で最後にしよう。

 

社内SEの役割って?

社内SEの役割

メーカーや商社など様々な会社がありますが、そこにはIT専門として情報システム部門があります。

そこにはきっとあなたと同じような職歴の人達がいますよ!

 

僕もその1人です

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は主に社内SEの役割や転職前のイメージと転職後の実際の業務内容を纏めてます。

社内SEってどんな仕事?社内SEの役割とは?社内SEに向いている人って?

 

社内SEのスキルとは?自分のスキルが本当に活かせる?

社内SEのスキルとは?

 

SE・PGなら確実に活かせます。

営業や商品開発をしてる人達では対応できませんし、効率が悪いです。

経理の人が情報システム部門を兼任してる会社もありますが、

わからない人がわからないことをやっている

ので正しいかどうか誰も判断できません。

実際にSE・PGをしたことがない人達だから仕方がありません。

重要なのは経験があり、どういうものか ”知ってる” かどうか。

そしてリサーチ能力(Google検索)

これがあれば判断することができます。

一番大切なのはコミュニケーション能力というか伝えようとする意思があればいいんです。

 

あわせて読んでほしい記事下の記事は主に基幹システム、データベースの操作、ネットワークのことなどを纏めてます。

実作業は取引先のシステム会社に頼むことが多いです。

社内SEのスキルとは?一番大切なものは!?

 

社内SEの日常が知りたい

社内SEの仕事は様々なものがありますが、実作業的にはたいしてボリュームはありません。

やれば慣れますし、それよりも自社の業務を細かく覚える方が大変でした!

SEの頃はざっくりと業務を覚えるだけで、システム開発は進みますが、実際に社内SEとなると細かいところが多いです。

半年から1年くらいかけて、自分の業務を効率化してしまえば、後はサクサク終わりました。

僕はいま残業してません!

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は仕事の種類を書いてます。 わからないことは調べたり、保守会社に連絡して対応します。

社内SEの仕事は多岐に渡る?

 

最近、展示会へ外出したときの話もあります。 良い製品と良いセミナーに出会えました!

常に社内SEとしてアンテナを張っておくことは大切ですよね。

(外出大好きです)

自分達で考えるだけではなく、良い例があればそれを採用すべき!ということで他社が採用してる製品を見にいきます。

経理や総務の仕事が効率化されていく時代なので、その流れに乗っていきます。

クラウドの製品がどんどん増えていきますね。

自社内のPCやサーバに、ソフトウェアをインストールしてた時代が終わりそうです。。。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は展示会に行く必要性と良かった製品とセミナーについて纏めております。

社内SEの仕事で展示会へ行ってきた

下の記事は年末の日常についてです。

【社内SEの1日】もうすぐ年末だ!年賀状を作らなきゃ!

下の記事はある日のできごとです。

【社内SEの1日】デスクトップにあったショートカットが消えちゃったぞ

下の記事はたまにあります。

【社内SEの1日】ファイルが重くて開けない!プレゼンがあるのに!

 

社内SEの転職サイトを比較「大切なポイント」は?

社内SE転職サイト比較

社内SE専門の転職サイトもあるし、IT系の転職サイトにも社内SEの求人はあります。

基本的には非公開求人が重要です。

なぜなら”会社が採用に前向き”ということになりますし、”力を入れている”のがわかります。

実際に僕もお世話になりましたが、専門のアドバイザーが付いてくれるので安心です。

転職エージェントと呼ばれる方が、アドバイスどころか会社の内情まで教えてくれます!

 

社内SEの求人は多くはなく、倍率も高いですが、

自分はあくまで選ぶ側

なのでしっかりと見極めましょう。

直ぐに求人募集枠は埋まるので、事前に転職エージェントに相談しておきましょう。

そして候補の中から、いくつかの会社をあなたのリサーチ能力で調べ上げましょう。

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は主に転職サイトの比較と非公開求人の重要性を纏めてます。

社内SE転職サイト比較!社内SEの求人はたくさんある!オススメなのは非公開求人!

 

社内SEの転職先は面接で見極める

転職先は面接で見極める

 

さらに面接の時にも手に入る情報はたくさんあります。

ここで実際に会って得られる情報は重要で、最終的な判断のポイントになります。

僕は面接のときに決めました! 口コミで色々わかってましたが、対策して社長と仲良く楽しく過ごせてます。

やはりITに前向きな会社に転職したら楽しいと思います!

 

あわせて読んでほしい記事

下の記事は会社や部長がITに前向きか、先輩社員の日々の業務など確認したいことについて纏めております。

社内SEの転職先は面接で見極める!失敗しないための5つのポイント

 

まとめ

僕は実際に転職して3年ですが、日々充実しています。

SE・PGだった頃もなんだかんだ楽しかったですが、今は人生の幅が広がった気がします。

直接的な関係はないかもしれませんが、SEの離婚率もなかなか凄いですしね。。。

やはり休日も仕事だと子持ちには厳しいかと。。。

僕は結婚し子供が生まれたことを機に転職しました。

 

社内SEに転職して思ったことは?

後悔は全くないです。

毎日家族で食事をし、会社の人や友達と飲みに行ったり、Webに興味がでてきたので勉強したりと楽しく生きてます!

(会社にセミナー費用を出してもらったりとけっこう自由です)

ITは投資ですから! 今後、会社で必要になる技術かもしれませんので。

そして色んなことを考える時間が増え、今は色んな人にこの気持ちを伝えたいなぁ〜と思ってブログ をやってます。

こんな考え方をするなんて思ってもみなかったです。

是非とも僕のプロフィールも見てください。未来のあなたかもしれません。

 

やりたいことがたくさん出てきた

新しいことにチャレンジすると視野が広がり、もっとこうしたい!とか、これについてもっと勉強しよう。 おっ、こうしたら面白いんじゃないか? と、どんどん世界観が広がってきます。

社内SEの仕事でも効率よくしたり、こんな製品を導入したら便利になるなぁと思ったり、色んな部門の人と関わって仲良くなってくのも楽しいです。

SE・PGの頃は似たような考えの人たちの集まり(あたりまえか?)ですが、営業はこういう考え方、商品開発はこう思う、など役職関係なしに立場が違えば考え方も違うなど、色々勉強になるところもあります。

 

社内SEって必要な職なの?

社内SEって会社にとって切っても切れない部門です。

重要ですからね。

ITは投資でもありますので、成功するにはかかせません。

もちろん社内SEだけでは会社は回りませんし、持ちつ持たれつですよ。

僕は社内SEって

色んな可能性が秘められてる

と思います。

アナログな時代ではないので、ITは必ず会社に関わってくるし、商売は先手必勝な部分もあるでしょうから、どんどん面白くなってくると思います。

10年後、もしかしたらAIになってるかもしれませんけど笑

 

さいごに、『SEって職自体が個性』だと思う。

評価されずに忙しかったりすると、どうしても後ろ向きな考え方になってきます。

僕も経験したのでわかります。

僕はSEっていう職自体が個性だと思います。

その個性を活かしながら、好きなことをしてこれからも生きてきたいです。

 

そのために必要なことって何ですかね?

このブログはあくまで僕の体験談です。他にもいろんな正解があると思います。

自分が後悔しないようにしようって僕は思ったので行動しました。

 

人生ってあっという間に過ぎるけど、人生を変えるのもあっという間なんだなぁって感じます!

だから「社内SEに転職するという選択肢もある」ということを知れば、あなたの人生の選択肢に幅ができると思いました。

このブログを参考に楽しく生きれる道を探してもらえれば嬉しいです^^

 

そして今辛い思いをしているSE・PGの方、

その一人でも多くの人の人生が良い方向に向きますように。

 

 

オススメ転職サイト

当ブログ厳選の転職エージェントをご紹介します。比較記事もありますので参考になれば嬉しいです。

3つとも登録しましょう。理由→社内SE転職成功の鍵は”複数の転職サイトへ登録”ポイント4つを厳選を参照

転職サイト比較の記事へ

 

~社内SE転職ナビ~
業界唯一の社内SEに特化したサイトですが取扱い求人は関東が多いので、他の地域の人は注意。ユーザーに合わせた3つの相談方法があるのはここだけです。社内SE転職エージェントにインタビューしました

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~レバテックキャリア~


年間累計3000回以上、企業に足を運ぶのは凄いです。依頼してきた会社についてかなり調査をするらしく、相当詳しいので社内SEという競争率が激しい業界で、書類選考率内定率が高いんですね。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

~マイナビエージェント×IT~ 「20代に信頼されるエージェントNo1」になったのは有名ですね。大企業から中小企業までの、網羅性は絶賛されています。「はじめての転職」「2回目以降の転職」を転職者のために、分けてくれているのはここだけです。

評判,口コミ,強み 公式HP

 

 

こんにちは~ IN4Uを運営してる アキクボ です!

毎日、残業・休日出勤・徹夜で働いてた元SE。
今では『元ブラック企業勤め現ホワイト企業のイクメンブロガー』になりました。

僕のProfileについては コチラ

僕の信念は、「時間がない人(他人のために頑張ってる人)は転職し、自分の人生はなんなのか考え、頑張った分は自分に還ってくる、ということを僕自身で実践して発信していきたい」です。何故なら、たいせつな人を大切にできず、自分のやりたいこともわからないまま、変な方向に頑張りすぎると自分自身や家族が不幸になるからです。(過去の自分)

アインシュタイン『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』 

正しい方向に行動すれば楽しく生きれるでしょう!

時間がない人 → 転職 → やりたいこと

これ以上でも以下でもない。
頑張ったら頑張った分だけ自分に還ってくることをしましょう~

にほんブログ村 転職キャリアブログへ


↑↑
ランキングに参加してます!
よろしければクリックして応援してもらえると嬉しいです。